« 完全武装( ̄▽ ̄*) | トップページ | 性格悪ぅ~! »

災害避難時、犬は・・・


公開前から話題だった映画「マリと子犬の物語」

見に行きたい、とずっと思いながら、いまだに行けていません(泣)

公開中にぜひ映画館で見たいと思っていますが、どうかな~、微妙・・・



この映画の話を聞いて、私はあることを思い出しました。

中越地震が起こったとき、ワイドショーで毎日山古志村のことが放送されていましたが、その中である家族の話に目が止まりました。

山古志村は周囲の道を遮断されてしまい、完全に孤立してしまったので、住民の皆さんは自衛隊のヘリで避難したそうなんですが、そのとき、持っていっていいものは、身の回りの最低限の必需品だけだったそうです。

ペットは置いていくように、と言われたとか。。。

迅速に避難をするべく、重量を最低限に抑えるためだったそうです。

ペットを飼っていない人にはきっと「そりゃ当たり前だよな」という話でしょう。

でも、私もそうですが、家族同然にペットと暮らしているものにとって、「置いていく」なんて、とてもできることじゃないと思いました。

いつ戻れるかわからないのに・・・

私がここの住民だったらどうするのだろう。。。
置いていくのか、それとも「それはできない」と言って、自分も残るのか。。。

すごく考えさせられました。



テレビでは、犬を飼っているある家族のことを放送していました。

外で雑種を飼っていた家のようですが、やっぱり「置いていくように」と言われてすごく悩んだんだそうです。

そして、ありったけの餌を置き、水を与えて、家族は避難したそうです。

避難所でも犬のことが気になって仕方ない家族は、訪れたテレビクルーに、「もし山古志に行ったら、家に行って犬が元気かどうか見てきて欲しい」と頼みました。

そして、クルーはその要望に応え、家族の家に行ったんです。

犬は・・・



生きていました。

元気でした。

少し痩せた様子はあるものの、頑張っていました。



その様子をビデオに収め、避難所に戻り、家族に見せます。

家長のおじさんはそのビデオを見ながら、泣いていました。

「頑張れよ、もうすぐ戻るから」

と画面を撫で、泣きながら声をかけていました。

痛いほどその気持ちがわかって、私もテレビを見ながら泣いてしまいました。



そして、同時にすごく考えさせられました。

緊急時、やはり人間中心の救助活動になってしまうことは仕方のないことかもしれない。

けれど、これだけペットを飼う人が増え、家族同然に可愛がっている現在、もっとペットのことも考えていかないと、これからは問題も多くなってくるだろう。

もちろん、私たちペットを飼う側にも避難する際に困らないよう、最低限のしつけをペットに施し、他人に迷惑をかけないようにするなど、配慮も必要です。

人にもペットにももっともっと優しい世の中になるといいですね。



Img_9038s

こんな甘えん坊でも避難できるのかなぁ、、、ヤレヤレ・・・(汗、汗~)



« 完全武装( ̄▽ ̄*) | トップページ | 性格悪ぅ~! »

コメント

マロンママさんのブログを読んだだけで涙が・・。
私も、ナナを置いて避難するなんて考えられないです。
最近地震が多いですが、真っ先に考えるのはストーブの火とナナの事です。

地震のニュースを見るたびに、被災した時の為にもクレートで過ごす事に慣れるのは必要な事なんだな~と思います。
いつもナナの避難用バックを用意しようと思いつつまだなので、早く用意しておかなくては・・。

映画ネタv( ̄ー ̄)v

私だったら絶対絶対置いていけない・・・。
離れられないのはもちろん私。
だってだって心配じゃない・・・。
そうそう子離れできない母なんでございます。

私は幸い、市の避難場所が近所だという事が唯一の救い
だけど・・・。
犬だけじゃなく家族でも、何かあってみんなが
はぐれたら、あの避難場所のあそこで待ち合わせって
決めてあるんですよ。
携帯みんな持ってるとはいえ、ああいう時って
全く繋がらない・・・特にD☆C☆M☆ってダメよ。
パパの会社の携帯a☆はOKでした。
利用者の違いなんだと思うけど・・・。

何もないのが一番だけど、やっぱり何かあった時の為
いろいろ考えたり、準備しておかないとね。

日曜日にこの映画見てきました。
もう号泣(TT▽TT)ダァー でした。
感情移入して 見てる時は主人公は私とRiku
でしたもん(* ̄m ̄)プッ
きっとくるであろう大きな地震、その時
Rikuはどうすればいいのか!やっぱり“マリ”の
ように置いていかなければならないのか・・・
考えただけで(ノ◇≦。) ビェーン!!
私は車の中に犬の避難用具を入れてます。
家がつぶれても車で一緒に生活するぞ!!
でも本当にペットにもやさしい世の中になって
ほしいですね(^・^)

お久しぶりです。
映画は娘と父親が年末に見に行っていました。娘は最初から最期まで泣いていたようです。40を過ぎた父親も不覚にも涙が出たそうで。。。
我が家は犬・猫・小動物と数が多いので頭数分以上のケージやサークル、クレートを準備しています。昨年は大き目のテントも購入しました。
黒石市に昨年問い合わせたところ、災害時に動物を連れて避難できる避難所はないという回答でした。指摘を受けて、次回の防災計画では検討してくれるそうです。
皆さんも一度、お住まいの自治体の状況を確かめたほうがいいですよ。

私の実家は震源地から近い所にあります。
といっても、少し離れているので被害はほとんどなかったのですが、震災後に何時間もかけて帰った時のあの時の衝撃は今でも忘れることができません。
実家でも黒プーがいるのですが、しつけがイマイチだったので近所の皆さんにはきっと迷惑をかけてしまっていたと思います。
もともと臆病な子がもっとひどくなってしまって…
未だにトラウマになっているようです。
しつけはもちろん、地震グッズは最低限必要ですよね!
やっぱり人間優先になってしまうだろうから、わが子だけでもって思ってしまう愚か者の私です…

マリと子犬…は皆さん会場で号泣らしいですよ(>_<)
目の腫れがひかないと困るので、DVD出たら見ます!

「マリと子犬の物語」見ました。
タオルがグッショリ~~目腫れ~~ひどい顔でした。
ヘリコプターでおじいちゃんと女の子だけが救出される場面は、今でも思い出して泣けてきます。
マリ役の犬が、多分柴犬だと思うけど~~なんとも言えない表情で見送ってる姿に胸が張り裂けそうでした。
小さな女の子、きっときっと小さな胸がうんと痛かったと思います。
実際に自分の身に起こったら~~考えただけで気が狂いそうです。
エルフだけおいてくなんて、無理だわ。
でも避難所生活でペットもいっしょってのは~~!!
むずかしい問題ですね。


■nanaママさま
想像しただけで、涙が出てきちゃいますよね。
そんな選択を強いられたら。。。答えが出せるのだろうか・・・

クレート訓練は本当に大事ですね。
災害避難のときももちろんですが、動物病院に入院や、ペットホテルに泊まるとき、また公共の乗り物に乗るときにも中でおとなしくしていられることを求められますものね。

■ゆうとママさま
私も一緒、子離れできそうにないわ~。
こんなことが起こったら、ちゃんとできるのかな、心配。。。

普段から、もしものときは、っていろいろ準備しとくのは大事だよね。
うちもパパが仕事に行ってるときに何か起こったら大変だから、待ち合わせの場所を決めとかないとな~。
一応車の中には犬のカラー&リードやクレートなんかは積んであるんだけど、そのほかにも最低限のものを用意しとかないといけないね~。。。
実際、ああいうことがあると慌てて何も考えられなくなるだろうから、玄関にでも道具一式バッグに入れて置いておこうかな。

■nabuさま
見てきたんですね~。
これ、最初から最後まで泣いちゃいそうですよね。
なので、見に行く勇気がまだわかず、行ってないんです~(笑)
考えさせられますよね、実際に災害が起こったときにどうするかって。
私って変な性格で、「パパとマロンが同時に溺れていて、どっちかしか助けられなかったらどうするんだろ?」とかよく考えるんですよ(笑)
まー、人間と犬で迷うところがすでに変人と言われますが、飼ってるものにとってはすぐに答えが出せない問題ですよねぇ・・・

■チョントラさま
こちらこそ、ご無沙汰しています。
男の人も泣いちゃうんですね、この映画。
動物ものは、人間の以上に涙を誘いますね。
避難所に、人間と一緒に、、、というのはかなり難しい話だと思うので、近くにペットだけゲージなどに入れて集める場所があればいいとも思うんですが、それはそれでしつけができていない犬なんかもいるでしょうから、大変かもしれませんね。
1頭が吠え始めると、連鎖的に一斉に吠えちゃったりしますし、、、
いずれにしても、他に人がいても迷惑をかけない自信がなければ、避難所にマロンたちを連れては行けないような気がします。

■みるきちさま
ご実家が近かったんですね、それは大変でしたね。。。
ご実家のワンちゃん、トラウマになっちゃったんですか、でもわかります、それくらい怖い思いをしたんですから、しょうがないですよね。
私の友人も阪神大震災で被災したんですが、子供がすっかりトラウマになってしまって、夜寝るのが怖い、といって寝ないので大変だ、、、と言っていました。電気をつけっぱなしで寝ているそうです。
災害は起こってもらったら困りますが、いざというときの準備だけはしておかないと、大変ですね。
みるきちさんはDVDで見る予定ですか。
私はすぐ泣くタイプなので、家で見たほうがいいのかな~(笑)

■エルママさま
見たんですか~。
タオルですか、ハンカチじゃなくて(笑)
でも、確かにこの映画はそうじゃないとヤバイかも!

できません、私も犬を置いていくなんて。。。
でも、本当にその場面になったらどうするんだろ~。
災害の大きさにもよると思うんですが、どうしても。。。となったら、あのおじさんみたいに、フードを全部置いて、ありったけのお皿に水をくんで行くんだろうか・・・
いやいや、やっぱりダメ、、、
ずーっと答えが出そうにありません。
避難所で犬と一緒っていうのも、ちょっと、、、ですよね。
みんな、自分ちの犬だけだったらいいんだろうけど、犬がほかにもいっぱいいたらやっぱりトラブルはあると思うし、それはそれで考えますね。

ブログ応援サイトのファイブスタイルです。
ブログを拝見させていただきました。

ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログをご紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance.php

また、誰でも無料でお知らせ(イベント、教室、ペット里親、仕事求人etc)
の投稿ができますので是非ご利用下さい。
http://www.fivestyle.biz/5info/5info_main.php

最後になりましたが、不快に思われた方、および
既にご案内を受けた方にはお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz

2度目のコメントでごめんなさいね。
なんか、誤解されちゃったかな?と思ったりして・・・
もちろん避難所で動物と寝起きを共にするのは困難だと思います。私が市役所に問い合わせたのは、避難時の混乱を抑えるために一時的にペットを連れて行ける避難所を決めておくとか、プレハブで預かり所を作るとか、獣医師との連携とかなにかしらの決め事があるのかと言う事でした。ない場合は防災計画に盛り込んで欲しいとお願いしました。
自治体によってはフードの備蓄や獣医師会と色々決め事をしていたり、ペット飼育者へ配慮した計画を立てているところもあります。
言葉が足りなくてごめんなさいね。
我が家はテント生活を覚悟して、準備をしています。

マロンママさんこんにちは。映画見て観て来ました。
途中胸がつまって観ていられませんでした。
自分だったらどうするか考えられました・・。
しかしそれよりももし動物を飼っていなかったら・・こういう気持ちになったのか・・。感動する映画などではなくどんな種類の動物でもテレビやビデオで観る機会があれば観たいと思ってしまいます。そして素直に感動します。そしてこんな気持ちにさせてくれる動物達に感謝しています。

■ロビハハさま
こんにちは♪
見たんですね、映画。
考えさせられますよね。
私も、もし犬を飼っていなかったら、こんなことを考えたりはしなかったと思います。
「災害時なんだし、緊急なんだから、人間優先当たり前!」なんて思っていたかも。
一緒に生活して、家族になるって大きなことなんですね。

初めまして。ランキングから訪問させて頂きました。私も同じ青森で、犬6匹と暮らしています。

まず、この記事を読んで号泣しました。画面でしか確認できないおじいちゃんの気持ちを考えると、悲しくて悲しくて…
マリと子犬~は映画館で見て来ましたが、どうも自分と重なり、直視できない時が多々ありました。
私がもし被災者になった時、やはり絶対置いていけません。絶対に一緒にいる覚悟です。ペットだから、人間だから、ではなく、命ある家族だから絶対に無理です。自分の身を守ると同様に、家族を守るのが普通なように、ペットもまた家族と考えているからです。
でも、映画を見て、改めてペットの存在等を考えさせられ、気付かせてくれる作品だと思いました。
こんど、新しい映画で、犬との10戒というのが上映されます。これは予告だけで泣けました(笑)

とても長くなってしまいましたが、コメントせずにはいられなくなってしまい、書き込みさせて頂きました。
また遊びにきます☆

■キラさま
はじめまして。
ご訪問、ありがとうございます。

青森にお住まいなのですね、ワンちゃん6頭ですか、すごい~!

こういう問題はとても難しいですよね。
命の大切さに重い、軽いはないと思いますが、その場になるとどうしても人間優先になってしまいます。
それは仕方のないことだとも思いながら、自分のことになるとどうしてもそれはできないと思いますし。。。
普段からいざというときのことを考えて、準備や話し合いをしておくことは大切ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 完全武装( ̄▽ ̄*) | トップページ | 性格悪ぅ~! »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ