« 50万カウプレやります! | トップページ | 理芸が教えてくれたこと »

理芸が残してくれたもの

【50万カウプレのお知らせ】

もうすぐ、50万ヒットを記念して、カウプレ企画があります(*^-^*)

詳しくはこちらを見てね♪

L08_33_3 L08_33_3L08_33_3L08_33_3


(今日の写真は、古いアルバムをカメラで撮ったものなので、多少お見苦しいところがあるかもしれませんが、お許しください)


Img_7547s_1

真っ白な被毛に、引き締まった体。

私がこの家にお嫁に来るずっとずっと前に飼われていた、紀州犬、理芸。

「理芸」 と書いて 「りき」 と読みます。

理芸(りき)は、その名の通り、亡くなったパパのお父さんのお知り合いで紀州にお住まいの方から譲り受けた犬。

その方は紀州犬が大好きで、ご自分でブリーディングなさっていたんだそうです。
犬のために、立派な犬舎まで建てられ、出産のときになるとその犬舎に泊り込むほどの熱の入れようで、紀州犬の血統の保存に真剣に取り組まれていたそうです。

ですが、ご自分の犬のブリーディングだけではどうしても血が濃くなってしまい、そのままでは危険を感じたようで、知り合いである青森の我が家へ犬を1頭譲り、こちらできちんとしたブリーディングを行ってぜひ子孫を残して欲しい、という理由で、理芸(りき)は我が家へやってきました。

しかし、いくら犬が好きとはいえ、ド素人の我が家は、結局ブリーディングはしませんでした。

そして、理芸(りき)を可愛がり、家族みんなで幸せに暮らすことを選択しました。



Img_7548s

生後何ヶ月かで飛行機に乗って紀州からやってきた理芸を、お父さんとお母さんは空港まで向かえに行きました。

車の中でお母さんがずっと理芸を抱っこしていたのですが、車に酔ってしまった理芸はよだれをダラダラ流し、お母さんの服がグチャグチャになってしまったんだそうです。



Img_7553s

我が家へやってきた理芸は、それはそれは可愛がられたようで、日本犬独特の気の強さは全くない、優しくちょっと気の弱い犬に育ちました(*^m^*) ムフッ



私はお母さんとパパから理芸のいろんな話を聞きました。

子犬の頃、買ったばかりの応接セットの脚をかじっていたずらした、とか

(当時はまだドッグフードなどあまりなく、犬は人間の残りごはんに味噌汁をかけたものを食べる、という時代でした)理芸は天ぷらが大好きで、お母さんが台所で天ぷらを揚げ始めると、部屋の入り口でしっぽフリフリでずーっと待っていた、とか

いちごミルクが大好物だった、とか

一度くらいはドッグショーに出してくれ、と譲り受けた方から頼まれ(理芸はかなり血統のいい犬だったようです)、トレーナーさんに会場に連れられていった理芸のことが心配で、隠れて会場に様子を見に行ったら、理芸は家族に気づいてしまい、まっすぐ歩かずに家族のほうばかり見ていた、とか(それでも、賞をいただいたらしいです、笑)

Img_7558s
ドッグショーで頂いたトロフィー



散歩のとき、鳥とか虫の死骸が道にあったら、怖がって遠回りしてよけていた、とか

近所の気の強い北海道犬(体は理芸よりずっと小さい)に飛び掛られて、耳をかじられた、とか

家族には従順だったけど、マロンパパのことだけは下と思っていたらしく、パパが散歩に連れて行くと全然歩こうとしなかったり、歩いてもメチャクチャだったり、しまいには近所の庭先に入り込んで、その家の犬の餌を食べてしまったこともある、とか

悪いことをして怒られると、涙を流してうなだれていた、とか

いろ~んな話を沢山聞きました。



Img_7550s

理芸の話をするとき、お母さんもパパも笑っています。

「ああだった」「こうだった」と言いながら、懐かしいような嬉しいような顔をします。

今はもうお星様になってしまいましたが、亡くなって何年たっても、犬ってこんなに人の心に沢山の優しい思い出を残し、その存在は今なお深く胸に残っているのだ、と理芸の話を聞くたびに私は思います。


犬ってなんてステキな生きものなのでしょう。



そして、理芸が残してくれた大切な贈り物。

それは

Img_7551s

この立派な鉄製の柵。

これは、いつも庭にいた理芸が敷地外に飛び出して迷子になったり、近所の方に迷惑をかけたりしないように、と取り付けたものです。

この柵のおかげで、理芸は庭で伸び伸びと遊ぶことができたようです(*^-^*)

Img_7552s
庭から家族が出かけるのを見送る理芸

犬小屋はもうなくなりましたが、この柵だけは取り外すのも大変だということで、理芸が亡くなったあともずっとそのままになっていました。



Img_7556s
現在の柵 健在です

そのおかげで、今はマロンとミントがこの庭を遊びに使わせてもらっています。

Img_7557s

自分の家の庭で安心してノーリードで遊ばせられるって、とっても幸運なことですよね。

理芸、ありがとう!

心から、感謝です(*^-^*)


※明日は今日の続き、「理芸が教えてくれたこと」です。 お楽しみに!



Banner_04_1 ← いつも応援ありがとう! 今日もわんクリックお願いします!!

« 50万カウプレやります! | トップページ | 理芸が教えてくれたこと »

コメント

初めまして。可愛いワンコたちですね。我が家にもミニチュアシュナウザーのお嬢2歳がおります。どうぞ見に来て下さいませ。

理芸ちゃんのお話、とても心にしみました。
私の実家でも今3匹目のわんこがいるのですが
みんなの事を思い出して自然と涙がでました。
帰省した時、やはり犬との思い出を家族で話したりします。
いろんな話が出ても、締めくくりは
「こんな所がえらかったよね」とほめるばかりで
犬好きな家族です。

あ~これがマロンパパままの飼われてたワンちゃんなんですね。
理芸ちゃんって名前なんだ。
賢そうな紀州犬で、とても凛々しいです。
日本犬好きの私、うっとりしちゃいます。
とてもかわいがっていたのが、よくわかります。
立派な柵を作ってもらって自由にお庭を駆け回ってた理芸ちゃんは
、とてもしあわせだったんですね。
そして~理芸ちゃんの残してくれた柵のおかげでマロン&ミントちゃんもお庭でいっぱい遊べて、しあわせのおすそ分けをもらってよかったね♪

さすがマロンママだわ・・・アルバムの写真がきれいに甦ってる。
☆続きも楽しみにしてま~す♪

リキちゃんのお話を読んでいて、その昔我が家にいた
秋田犬 クロのことを思い出しました。
こういう話って、ついつい目頭が熱くなってしまいます。

紀州犬のドラマで 「炎の犬」って知ってますか?
(年齢ばれそうだけど、苦笑。)
その主人公のわんこに会いに行ったこともありました。
とても穏やかなコでしたね~
日本犬って、もちろん日本の風土にも合っていて、
おだやかなコが多い気がしました。

リキくんの残してくれたゲートをマロンくんとミントちゃんが、引き継いでいく。マロンくんとミントちゃんには
リキくんの匂いが分かるのでしょうね。

私も理芸君の話を読んでいて、実家で飼っていたワンコたちのことを思い出しました。実は我が家の夫小さい頃に犬に噛まれてあまり犬は好きではなかったのですが、私の実家の犬と触れ合ってから、犬が大好きにかわりました。その子のお陰で、今そらとの楽しい生活があるんだと思います!夫と時々そのワンコの話をするのですが、いまだにほのぼのとした気持ちになりますよ♪

理芸君の姿を見て、子供の頃に近所で飼われていたワンちゃんを思い出しました。
理芸君によく似たその仔は「ザブ君」って名前でした。
ちょうど洗濯石鹸のザブが出始めた時で、それでこの名前になったそうです。
頭を撫でてあげるといつもウレションをし、私たち子供はそれが楽しくていつもザブ君の頭を撫でたものです。
実家に帰ると今でも時々ザブ君の話をしては笑っています。
懐かしいなぁ。
理芸君の姿がザブ君の姿とだぶって見えます。

理芸君のために作られた柵は、今ではマロン君とミントちゃんの役に立っているのですね。
理芸君の凛々しい姿はいつまでもご家族の心の中に生きているのですね。
何だかウルウル^^;

■あおぞらこさま
はじめまして。
ご訪問、ありがとうございます。
Mシュナウザーを飼われているのですね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

■ヒカリさま
ご実家でずっと犬を飼われているのですね。
先代ワンコの話になると、いろんなことを思い出して笑ったりしんみりしたりするのでしょうね。
何年たっても、その思い出は色あせることなく、人の心に深く残るものなんだなぁ、と理芸の話を聞くたびに思う私です。

■エルママさま
そうなんです、この子が先代わんこの理芸です♪
私は実際に会ったことはないのですが、話だけはいろいろ聞いて沢山知ってますよ(^_-)-☆
理芸は大事にされて、とても幸せだったと思います。
今も、あの柵を見るたびに理芸のことを思う私です。
アルバムから写真を撮るって結構難しくて苦戦しました。
よく写ってたら嬉しいです(*^-^*)

■翼ままさま
ご実家では秋田犬を飼われていたのですね~。
秋田犬も、すっごく可愛いですよね(*^-^*)

炎の犬、知ってます(笑)
ドラマの詳細は忘れましたが、主題歌がすごくヒットしましたよね、確か。
そっか、あの主人公は紀州犬だったんですね~。

今でもあの柵があることで、理芸の面影が残っている感じがします。
それをマロンとミントが使わせてもらっているので、なお更ありがたいです(*^-^*)

■みきさま
ええ~、えだるさんとうちのパパ、やっぱり似てる!(笑)
そうだったんですね!!!
うちのパパも理芸を飼うまでは犬が苦手だったんですよ。
理芸のおかげで犬が好きになり、触れるようになったらしいです(*^m^*) ムフッ
犬バカになる人って似てるのかしら~?(^m^*)v ププッ

■becchiさま
ご近所に理芸に似たわんちゃんがいたのですね~♪
頭を撫でられてうれションなんて、可愛い(≧∇≦)
子供たちが喜んで頭を撫でているところが目に浮かびます(*^m^*) ムフッ
ザブちゃんって名前もすごい印象的ですねぇ。
ずっと忘れないな~、その名前は!

理芸のことは、今でも折に触れいろいろ聞きます。
私は実際に理芸に会ったことはないですが、自分が飼ってたみたいに、いろいろ知ってます(^_-)-☆

この記事へのコメントは終了しました。

« 50万カウプレやります! | トップページ | 理芸が教えてくれたこと »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ