« テリー・ライアン先生のセミナー① | トップページ | ちょっとご無沙汰の間に・・・ »

テリー・ライアン先生のセミナー②

お昼を終えて、午後からはまたわんこと一緒に実習です。

まず、「すわれ」の練習。

先生 「すわれという言葉の他に、ハンドシグナルも一緒にやられてる方いらっしゃいますか?」

かなり多くの人が手をあげました。

先生 「では、ちょっとやってみてください」

その中の一人の方が、みんなの前で実践してみました。

先生 「あなたの犬は、言葉とハンドシグナルどちらで理解していると思いますか? できれば、言葉で覚えて欲しいですよね。 言葉を確実に理解させるためには、このやり方がいいですよ」

先生 「まず、すわれ、と言ってすぐに反応しなかったら、次にハンドシグナルを出す。そうすると、犬は『すわれという言葉はこのことなんだな』と理解します。これを繰り返すことで、だんだん、ハンドシグナルがなくてもできるようになってきます。」

ふーーん、なるほど、そうだよな、と思いました。

ついつい、言葉とハンドシグナルを一緒にやってましたが、よく考えるとそのほうがわかりやすいかも。

次に、先生は「伏せができるわんちゃんいますか?」と聞かれました。

何人かの人が手をあげました。(ちなみに、私はあげませんでした。家ではもちろんできるのですが、こういう場所では確実にできるかどうか自信がなかったので・・・)

3人ほど、みんなの前でやってみました。

1頭のわんちゃん(大型犬)は、見るからに訓練が入っている感じで、みんなの真ん中に出ても飼い主さんしか見ておらず、集中バッチリでした。このわんちゃんは、四肢で立ったままの状態から、「伏せ」と言われて、即座に伏せました。(すごい!)

先生 「Good!」

他の2頭のわんちゃんは、真ん中に出て、周りに犬や人が沢山いる緊張状態からか、反応がちょっと遅かったり、できなかったり、、、という感じでした。

先生 「惜しい! もうちょっとだね(多分こんなことを英語で言っていたと思います)」

今度は、先ほど伏せができた大型犬と飼い主さんを真ん中に呼んで、
「ちょっとこのわんちゃんをお借りしてもいいですか?」と言われ、リードを先生が持ちました。 飼い主さんは自分の席へ戻りました。

先生 「(飼い主さんに向かって) そこから、『伏せ』と言ってみてください」(飼い主さんとわんちゃんの距離は約5メートルくらいです)

飼い主さんは「伏せ」と言いました。

すると、そのわんちゃんは先生にリードを持たれたままの状態で、瞬時にその場に伏せました。

先生 「Graet!」

(私)すっごーーーーい!!!

今度は、飼い主さんを再び真ん中に呼びました。
そして、犬に背を向けて立つように言いました。

先生 「伏せ、と言ってみてください」

飼い主さんは犬に背中を向けた状態で、「伏せ」と言いました。

すると、犬は今度は少し躊躇しましたが、その場に伏せました。

先生 「Excellent!」

(私)確かにエクセレントだ。

先生 「伏せ、ができる、というのはこういうことを言います。 つまり、いつでも・どこでも、一度のコマンドで瞬時にできる、ということです。」

先生 「犬はとても環境の変化に敏感な生き物とお話しましたね。 みなさんのわんちゃんは、家ではできることでも外に行くとできなくなることって多いでしょう? 『家ではあんなにきちんとできるのに、どうして外だとできないのかしら?』と思っている方多いんじゃないでしょうか? 私たち人間には同じ「伏せ」でも、犬にとって、家でやる『伏せ』と、外でやる『伏せ』は全然別のものなんです。 ですので、全く別のコマンドと理解してください。 外でも家と同じようにできて欲しいのなら、そういう環境で一から訓練することが重要です。」

先生 「もう一つ大事なことは、『一度のコマンドで瞬時にできること』 例えば、『すわれ』だったら、一度『すわれ』と言ったら、瞬時に座れること。 ですので、普段の訓練で、一度で座らないからといって、何度も「すわれ、すわれ』と繰り返すことは、かえって犬を混乱させてしまうことになります。 コマンドは必ず1回で練習しましょう。 もし、一度でできない場合にはおやつを鼻先に持っていって、すわるように誘導します。 そういった練習方法でやってください」

先生 「そして、いつでも・どこでも一度のコマンドで 『すわれ』ができるようにしてあげてください。 本当にこういったコマンドが必要な時、というのは、犬に危険が迫っているときなど、普段と違う突発的な状況で一刻を争う場合ですよね。 そのときに一度で瞬時にできなければ、犬は命を落としてしまうかもしれません」

(私)なるほどーーーーー!!! その通りだな~。 「すわれ、伏せ」ができるっていうのは、そういうことを言うんだ。。。
じゃ、うちは全然できてないや、これから練習がんばろ。

ずーーっとこんな感じで、今まで頭ではわかっていたものの、実際に目の前でいろいろ見ることができて、目から鱗だらけでした(笑)

Img_7153s

先生は、最初から最後まで、飼い主にも犬にも決して「No!」というダメ出しはされませんでした。 「惜しい、もう少し」というような言葉はあっても、否定的なことは決して言われません。 先生の口から出てくる言葉はほとんどが「Good! Great! Excellent!」でした。

なので、飼い主もすごく気分がいいんです。

これは犬にも言えることですよね。

「褒める」ことによって、気持ちがよくなり、モチベーションが上がり、もっと頑張りたくなる。

人間だって犬だって同じなんだよな、と心から思いました。(今まで頭ではわかってましたが、今回は本当に理解できました)

先生は 「この表をぜひ完成させてください」 と言われました↓

Img_7155s

自分の犬の好きなおやつやおもちゃ、好きなこと(例えば、散歩、ドライブなど)を、1位から5位まで順位をつけて表にしてみる。

しつけのときは、5位のものから使いはじめます。

モチベーションが下がってきたら、4位のものを使う、という風にして、犬に飽きさせないように、楽しく訓練することが大事だとおっしゃっていました。

そして、しつけというのは、これがベスト!というものはない、ともおっしゃってました。
犬も飼い主もそれぞれの性格があり、生活環境も違う。
それぞれにベストなしつけはみんな違うものです、と。

しつけ教室などに積極的に参加することもいいし、本を読むこともとてもいいことですが、本を読む場合は、なるべくいろんな人が書いた本を読むようにしてください、と言われました。
いろんな人の考えを読み、比べて、批判的(いい意味で)な目で見ることによって、自分や自分の愛犬にどの方法が一番あっているのか、冷静に判断ししつけをすることが大事だとおっしゃいました。

この考えは、私の考えそのものでした。

ドッグトレーニングの第一人者と呼ばれ、ここまで登りつめた方は、もちろん皆さん素晴らしいと思いますが、中には自分の考えがベストだ、と言いきり、他の考えを一切受け付けない方もいらっしゃいますよね。
ところが、テリー先生は違う。
他の考えを否定しません。
それはある意味、本当に自分のやり方に自信があるということなのだろう、と思いました。

Img_7154s

実に、この長時間のセミナーで習ったハンドリングは、「すわれ」と「ふせ」の2つだけです。

しかし、そのひとつのコマンドにとても深い意味があり、それをきちんと教えることがどれだけ大切で大変なことかということがよくわかり、大変充実した時間でした。

終わってみると、あっという間で、とても楽しく勉強になるセミナーです。
またぜひこういう機会があったら、参加したい!と思いました。

テリー先生主催のD.I.N.G.O.では、いろんな場所でセミナーがあるようです。
興味をもたれた方は、こちらをチェックしてみてくださいね! → 
D.I.N.G.O. Japan

パパもちゃんと仕事してくれましたよ~~♪

先生の質問に答えて、ご褒美を貰いました

Img_7156s

テリー先生の著書です(*^-^*)

Img_7157s

しかも直筆サイン入り!

パパ、なかなかやるでしょ(*^m^*) ムフッ


Banner_04_1 ← いつも応援ありがとう! 今日もわんクリックお願いします!!

« テリー・ライアン先生のセミナー① | トップページ | ちょっとご無沙汰の間に・・・ »

コメント

実は、私も日曜にワンコの研修会に参加してきました~。予防医学と家庭犬しつけ教室、という内容だったのですが、すごくためになりました♪ 的場美芳子先生という方だったのですが、養老孟司さんと一緒に仕事をしているような方の講演をしかも無料で受けれる!!ということで張り切って参加してきました(^_^)
残念ながら、犬を連れて参加することはできなかったのですが・・・

うちのちびは、外ではあまり集中が続かなくて・・・そこが問題だと思っていたので、強化したいと思ってます。
テリー先生の指導方法にすごく興味を持ったので、本買ってみようかなと思います(^_^)

昨日に引き続き、テリー先生のセミナー興味深く読ませて頂きました。
一番ナルホド~!と思ったのは、休憩の時に犬が一番リラックス出来る環境や方法を選んであげることです。
ウチのナナもしつけ教室に通っているので、モチベーションをキープする方法を試行錯誤したり、コマンドへの反応の早さや色んな場所での練習などをしたりはするのですが、休む時はいつもクレートなので、ナナの性格から言って、時と場合によってはダッコしていてあげたいな~と思う時があるんです。
もう、目から鱗ですね(笑)!なんだか嬉しくなっちゃいました!
マロンママさん、こんな素敵なセミナーを受講出来たなんて羨ましいです!!
そして丁寧なレポートをありがとうございました。

いろんな方の色んなやり方を知って・・・というのは、本当になるほどと思いますね。私が出会った範囲では、やっぱり、このテリー先生のやり方が一番好きだし合ってますけど♪
でも、この方法でしつけ教室をやっている友人が、「洋犬はいいけど、日本犬にはこのやり方ではむずかしい子も多いよ。」とも言っていました。だからといって、体罰やおどしを使ってまでしつける必要があるのかな?とも思うけどね・・・。

とってもわかりやすいレポートで、講習の様子が、目に見えるようですよ~。
講習の感動を一緒に味あわせていただきました♪
ありがとうございま~す!


メンテとは知らずにこれで3回目のカキコです(● ̄▽ ̄●;)ゞ
ココログって結構頻繁にやるし、メンテの時間が長いんですねー。
FC2は今までぶつかったことがないですよ♪

①に引き続き、うまくまとめあげるなんて
さすがマロンママさん!
実はM、コータのビビリ吠えに注目しすぎて
通訳さんの説明をちゃんと聞き取れませんでした。。。_| ̄|○

「褒めるしつけ」・・・
まだまだ「め゙~」とか「んん゙~!」ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
って叱ってばかりなのでこれからは気をつけたいと思います。
ただ・・・親には強要できないのが難点・・・。
しつけって家族みんなが協力しないと難しいですよね。
テリー先生言ってましたが、
もっと忍耐強くならなきゃいけませんね(笑)

◆ちびママさん
ちびママさんもセミナーに行かれたんですね。
こういう席に行くことっていろいろ勉強になって、いいですよね(*^-^*)
今回のセミナーはすごく充実していて、わかってはいるんだけどどうしていいかわからないことがスッキリ解決し、すごくためになりました。
プロのやることを実際に見るって、それだけでも勉強になりますね!
この先生の考え方、なかなか素晴らしいので、ぜひ本を読んでみてください♪

◆nanaママさん
テリー先生のセミナー、すごくよかったです!
とてもシンプルで簡単なことを言っているのだけど、それにすごく深い意味があり、本当にできるようになることがいかに難しいかがよくわかりました。
やっぱり教室などで訓練することっていいですね!
休憩の方法もなかなかいいでしょう。
選ばせてくれるし、とにかく犬がイヤがることを無理にさせることが全くないので、とても楽しく過ごせました。
こういうやり方なら、初心者のかたも安心して参加できますよね!

◆まあるさん
テリー先生の考え、私も大好きです。
私にはこれがあっていると思いますし、うちの犬にもよさそうです。
確かに時間はかかるかもしれませんが、誰も無理をせず楽しくできるのってすごくいいですね!
性格的に元々気が荒い子や、噛んでしまう癖のある子などはもう少し厳しいやり方もいいのかな、とも思いますが、余裕があればこの方法でしつけてあげたいものですね~。
本当に感動的なセミナーでした!

◆Mさん
ごめーーん!!!
そうなの、丸2日間もメンテでした(汗)
きっとMさんみたいにコメントくれた方がいると思って、すごく申し訳ないです(滝汗)

テリー先生、本当によかったよね~。
やっぱり目の前で見るのと本を読むのじゃ違う!と思ったわ。
そうそう、例の訓練士さんに連絡してみたの。
今度お会いすることになってまーーす。
熱が冷めないうちに、と思って(笑)

なんと、テリー先生のセミナーに私の大親友が白柴を連れて参加していました。
写真も載っててびっくりです。
世間は狭いですね。彼女も獣医師なんですよ。

テリー先生のセミナーは継続で受けていたんですが、犬連れセミナーもぜひ参加したいと思ってたんです。
残念ながら、今回はあきらめたんですが、次回こそはぜひとも参加したいものです。

やはり実際に教えてもらうと全然違いますよね。
しかし、マロンママさんは表現がホント上手ですね。脱帽です。

◆ちまぎょろさん
なおさん、ちまぎょろさんのお友達なんですよね、以前メールをいただいて、びっくりしちゃいました(*゚m゚*)
ホント、世間は狭いです~!
このセミナーにいらしてたみたいですが、私は全然気付かなくて・・・

いや~、とってもいいセミナーでした。
犬連れでこんなに長い時間どうするんだろう?と行く前は思ってましたが、行ってみて、納得!
泊まりでもう一日くらい聞きたかったです(笑)
いろんな先生がいらっしゃいますが、私はテリー先生の考え方、とっても好きになりました!

この記事へのコメントは終了しました。

« テリー・ライアン先生のセミナー① | トップページ | ちょっとご無沙汰の間に・・・ »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ