« セミナーに行ってきました | トップページ | 何気ない幸せ »

広島ドッグパーク譲渡会の報道に思ったこと

先日、広島ドッグパークの犬譲渡会が行われたことをネット、テレビで見ました。

私は広島ドッグパークの件については、ブログに書くつもりはありませんでした。

私が書かなくとも、すでにいろんなブログ、メディアで取り上げられており、その必要はなかろうと判断したからです。
しかも、私は現地に赴いたわけでもなく、主に活動されているAA(アークエンジェルズ)を存じ上げているわけでもありません。

しかし、譲渡会のニュースをテレビで見ていて、どうしても気になることがありましたので、あえて書かせていただきたいと思います。

譲渡会でのトラブル、面接の方法などについては、現場にいたわけではありませんので、私の感想は控えさせていただきます。

ただ、里親希望に訪れた方たちのインタビューを見ていて

東京から来た
鹿児島から来た
福岡から来た

遠方からわざわざ来られた方が多いのだなぁ、と思いました。

確かに、テレビ画面を通じて見るドッグパークの犬たちの様子は尋常ではなく、人々の心に深く突き刺さったことは間違いないと思います。
かわいそう、救ってあげたい!
そう思うことは、当然でしょう。

しかし、温かい家族を待ち続けている犬は、広島ドッグパークだけにいるのではありません。

全国の保健所、民間レスキューにも同じように家族を待ち続けている犬が広島の何倍、何十倍もいます。

遠方から広島まで行って、譲渡を断られた、という方もいるようですね。
ぜひ、そういう方にはその温かいお気持ちを、地元で家族を待ち続けている犬たちに向けていただけたら、と思います。

引き取りたい犬種に希望がある方もいるでしょう。
私は、里親になりたいとは思っていましたが、先住犬と同じ種のほうが、性質もわかっているし、手入れの方法なども知っているので、扱いやすいと思い、同じ犬種を希望していました。
気長に待ち続ければ、地元でも希望に叶う犬を引き取ることは可能だと思います。
里親募集掲示板を通じて、飼い主さんから直接犬を譲り受けることだってできます。
その場合、犬の情報を詳しく知れますので、後になって戸惑うことも少ないかもしれません。
私はミントの元の飼い主さんと、里親募集掲示板を通じて知り合いになりました。
引き取る前の情報を全て知ることができたので、とても心強かったです。

青森にも、このブログの右に貼り付けている画像の犬達をはじめ、新しい家族を待ち続けている犬達が沢山います。

あなたのお知り合いで、
「広島ドッグパークの犬達がかわいそうだ。引き取ってあげたいけど、遠いから行けない。」
という方がいらしたら、あなたのすぐ近くにも同じように里親を待っている犬がいるんだよ、と教えてあげてくださいね。

広島のことが大きく報道され、多くの人々がこういった犬達に関心を持って下さったことは大きな1歩だと思いますが、これで火が消えることなく、このことをきっかけに全国にいる同じような境遇の犬達に目を向けてくださるように、願わずにはいられません。

全国保健所、動物愛護センターリンク → その1その2
全国動物愛護団体リスト → その1その2
里親募集掲示板 → その1その2その3


そして、広島ドッグパークのわんちゃんの里親になられた方へ。

あそこにいた犬達は長い間、考えられないような劣悪な環境下に置かれていました。
普通に育った犬とは明らかに違います。
体も心も健康な犬はまずいないはずです。
見た目には健康そうに見えても、心に受けた傷はあまりにも大きく、それは私たちの想像をはるかに超えるでしょう。
その傷が完全に癒えるのには、かなりの時間がかかると思います。
何年もかかる場合だってあるかもしれません。
どうか、それをお汲み取りいただき、辛抱強く愛情をかけていただきたいと思います。

二度と、あんな辛い思いをしなくて済むように、体も心も本当に幸せになれるように・・・

よろしくお願いいたします。



【今日のおまけ】
先日、いつのもカフェで・・・

Dscf5350s

ミントはペッタンしてリラックス(*^ ^* )V


Dscf5349s

マロンはおすわりしながら、私のパスタをじーーっと見てました(^^;)


Banner_04_1 ← いつも応援ありがとう! 今日もわんクリックお願いします!!

« セミナーに行ってきました | トップページ | 何気ない幸せ »

コメント

またまたご無沙汰です~。
ミントちゃんの参加したセミナー良さそうですね。
私も先日、某ドッグランでNPOが開催しているしつけ教室に参加してきましたが、なかなか良かったです♪

広島ドッグパークの件、私も似た様なことを感じていました。
ボランティアの皆さんや、今までになく大々的に取り上げたメディア、譲渡を希望する方々、みんな素晴らしいと思います。
でも、今回の件は氷山の一角です。多くの人々の知るところなり、里親になりたいと思う方がたくさん現れた背景には、メディアで取り上げられたことが大きいですよね。今後は、不幸な動物達やその子達のために一生懸命になっているボランティア団体について、もっと現状を幅広く取り上げて欲しいです。そうすれば、悪徳業者の撲滅と里親システムの充実につながると思うんですけどね。
動物番組の関係者の方は、海外だけでなく日本国内のボランティア団体についてももっと目を向けてくれるといいなー!

うんうん、本当にマロンママの言うとおりだと思います。
私もネットで状況を見守っていましたが、レスキューする側、ボランティアの側、里親希望の側と、それぞれに対して思うことがいっぱい・・。
でも、とにかく善意の里親希望だった方には、始めに里親になろうと思った気持ちを忘れずに自分にできる何かを探して欲しいです。
今回はあまりにも大きなレスキューだっただけに、その思い入れも大きいと思いますが、里親ということであれば身近にもいっぱいワンコがいるし、巣立ったワンコを応援できるはず。
そして今回里親になった方には、とにかく最大限の配慮を持って家族にしてあげて欲しいです。
こうやってネットで犬のことを話せる人たちは、かなり情報にも恵まれていますが、みんながそういう環境ではないと思います。
各家庭の中で、それぞれの愛情をもらえれば幸せになれる!
人間というものの気持ちを信じたいですね。
そして、まずはみんなが自分のワンコに責任を持つことを認識することで、変わっていけると信じてます!

おはようございます!私も同感です♪
たしかに広島の子たちは過酷な状況に耐えて劣悪な環境で生き抜いてきたのだからこれから幸せになってもらいたい・・
でもTVの報道見てる限りでは、里親の面接で落とされた?自宅のワンコが外飼いだからって納得いかない!とか・・・(わかってないよね)
駐車場の配慮がなってない!もっと事前に整理券を配るとかすればいいのにとかみんな様々な意見ぶつけるばかりで・・・・・
ワンコの世話でボラのみなさんも大変なのに・・・・・・
広島の子たちが「広島ブランド」みたくなってほしくないですよね~
すでにひきとった方のブログ見てると、まったくしつけもはいってない状態で排泄はアチコチ・・・また一からパピーを迎えたつもりでがんばるといってました

やはりマロンママさんがおっしゃるとおり、地域のワンコも助けていかねばネ~~~、先日センターのダックス欲しい!という方がいらしてね、電話したらもう7ヶ月の子は里親さんが決定した後でした
ブログで情報提供するってなんかワンコと飼い主さんをお繋ぎする一歩なんだなと感じました

はじめまして。どこからともなく、たどり着きましたら、興味深いブログでしたので足跡残して行きます。
広島だけではなく、かわいそうな子はどこにでもいる現実。。

1日でも早く全ての弱者にとって快適で安全で尊厳ある生き方ができますように、互いにがんばりましょう

◆マノンママさん
こんにちは。
先日のセミナーはなかなかよかったです。いろんなお話が聞けて、有意義でした。

「広島ドッグパーク」だけがクローズアップされて、あそこだけに家族を待つ犬がいるような感じになってしまっていることが悲しいです。
保健所のことなど、昔から知ってる人がいっぱいいるはずなんですけどね・・・
保健所の犬はイヤだけど、広島の犬ならいいのかな~・・・
それは本当の愛情ではないような気がするのは私だけでしょうか。
繁殖の問題についても、メディアでもっと取り上げて欲しいと思っています。

◆マキピカさん
やはり同じことを思われているのですね。
以前からこういったことに感心があった人だけでなく、今回の報道で初めてこういう事実を知った人がかなりいると思うんです。
そういう意味では、すごく大きな進歩ですよね。
知らなかった人に広く知っていただけた、という意味で。
けれど、それで終わっては困ります。
もっと沢山、気が遠くなるほどいるんですから、全国に。
自分の犬に責任を持つこと、それが第一のはじまりですね。
そして、自分の犬が社会の迷惑にならないようにきちんとしつけることも飼い主の義務ですよね。
私は犬が苦手だけど、隣の犬はすごくお利口さんで、怖くないから好き。
そういったことで、感心がなかった人が犬を好きになってくれるかもしれない。
私たち犬飼いには大きな責任があります。

◆MIDOさん
あそこの犬は今までの分もばら色の犬生を過ごす権利があります。
また、そうならないと、レスキューした意味もないですよね。
ああいった環境にいた仔に、いきなりしつけをしようとしても上手くいかないでしょうね~。
まず、体と心のケアをしっかりとしてあげて、それからでも遅くはないと思います。
それくらい傷ついているのだから。
でも、あそこ以上の環境で助けを待っている仔だってどこかにいるかもしれない。
そして、自分の身近にいる仔達にもぜひ目を向けてあげて欲しいと思います。
あのダックス、次の日にはもうもらわれたみたいですよ(*^-^*)
8才の仔がまだいるので、気になってるんですけど・・・

◆だいあ★さん
はじめまして!
といいますか、私はだいあさんのブログ、JOYくんのレスキューのときから拝見させていただいてました。
しかも、勝手にお気に入りブログにまで入れさせてもらってます(滝汗)
もし、不都合があったらおっしゃてください、すぐに取り消しますので。。。
私は自分で犬を預かったりはできないので、保健所で時々ボラとして参加させていただく程度です。
でも、少なくとも私の周りの方の意識は確実に変わりつつあると思います。
そういった意味で、少しでも役立っているのなら、これからも続けていこうと思います。

はじめまして! 広島ドッグパークで、里親になった年寄りの夫婦です。マスコミなどで広島ドックパークの子達だけが、クローズアップされて:::全国の保険所にも:::まったく同感です!

でも、そのお陰で里親が一人でも増えたと思います。
私たちもその一人です。

離乳食のときから、2年前、老衰で亡くなるまで19年!その姿はあまりにも、人間の末期と一緒で、哀れで、可愛そうで、自分たちも歳だから、もう犬は**とおもっていました。

それが、マスコミなどで広島ドッグパークのことを知り、あまりの悲惨さに、老体に鞭を打って里親になることを決心しました。

全国に、可愛そうな子たちが、沢山いることを知っていても
里親には、なっていなかったでしょう。

我が家の子は、難聴(ぜんぜん聞こえない)、弱視(動かなくては判らない)、来てから12日目ですが、わずかな灯りを頼りの手話で、すっかり家族のいちいんになっています。

じじ、ババが先に倒れては、子供が可愛そうですから。

こんな、プラスアルファーの里親もあること、まあプラスでしょ!


老婆心ながら(正真神明)、ひとこと?

これからもよろしく。

◆ミッキーじじババさん
はじめまして。
パークの仔を引き取られたのですね。
しかも状態の悪い仔を希望して引き取られたと拝見いたしました。
そういった仔を優先的に引き取ろうと思って行かれたこと、とても意味のあることですし、誰でもができることでもないと思います。
大変なこともあろうかと思いますが、せっかく家族になれたのですものね、楽しい思い出を沢山作ってください(*^-^*)

この記事へのコメントは終了しました。

« セミナーに行ってきました | トップページ | 何気ない幸せ »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ