« 2’nd Birthday | トップページ | いい子になった理由 »

検診に行きました

誕生日という夢のイベントが終わり、すっかり普通の生活に戻ったマロン家(笑)

このところ、青森は気持ち悪いほど暑い日が続いています。
関東から西は毎日雨だというし、なんだか変だよね。

さて、今日の話題はわんこのことではないのですが、昨日、私は久しぶりに検診に行ってきました。

実は、2年半程前、ある病気に「なりかけて」しまい、その病巣を取り除くために手術をしたんです。
その病気とは、日本人の死亡原因トップのあの病気。
もうおわかりですよね?
そうなんです、「がん」でした。

といっても、私の場合は「なりかけ」で、完全にがん細胞への変異をする前に発見できたので、手術も最小限ですみました。

とにかく「がん」という病気は早期発見、治療が必要です。
早期であれば、今は命を落とすことも殆どないでしょう。
ではなぜ私が「なりかけ」の段階で気付けたのかをお話したいと思います。

私は現在40歳を過ぎたところで(さりげなく歳をカミングアウト、笑)、結婚したのが2年前、30代ギリギリの歳でした。
結婚するまで、私は病院で医療事務をしており、その仕事内容はとてもハードで、事務といえども定刻に帰宅できることなど全くありませんでした。
毎日早くても8時、9時。
レセプト(保険請求)のチェックがある月初めは日付が変わるまで仕事、なんてザラ。
とてもきつくて、もう40にもなろうかという私の体には、かなり堪えていたと思います。
それでも仕事だから、気合で頑張る日々でした。

そして、パパとの結婚が決まり、病院を辞めることになりましたが、せっかく病院に勤めているのだから、この際検査しておこう、と思って、普段の健康診断ではやらない検査をいろいろとしました。
その中に、婦人科検診も含まれていました。
婦人科って検査しなきゃいけないなぁ、と思いながら、やっぱりイヤなので、なかなか行きませんよね。
私も別に普段と変わった様子はないし、婦人科はいいかなぁ~なんて思いましたが、結婚したらもっと病院に行かなくなるだろう、と思ったので、思い切ってやってみることにしました。

そして、検査が終わり、結果は後日医師会から郵送されてくるのですが、それを開封してカルテに添付し、医師ところへ持っていくのも私達の仕事でした。
たまたま私が受け取った医師会の封筒の中に、私の検査結果が入っていて、私は誰よりも1番先に自分の結果を見てしまうことに。。。
「ふ~~ん、どうだったかな?」と思いながら見ると・・・

判定 Ⅲ-b 

えっ???

何度見てもやっぱり Ⅲ-b でした。

婦人科検診の判定は、5段階に分かれており、Ⅰ~Ⅴで判定されます。(細胞診の場合)
Ⅰ~Ⅱ は特に問題なし。
Ⅲ-a  軽度または中程度の異型成
Ⅲ-b  高度異型成
Ⅳ    上皮内がん
Ⅴ    浸潤がん
上のように、クラスⅢだけはaとbに分かれており、Ⅲ-aは異型成が見られるも、自然回復の余地あり、ということでオペ(手術)はすぐにせず、経過を見ることが多い。
クラスⅢ-bになると高度異型成のため、自然治癒は望めず、切除することになる。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、簡単に言うと、がんという細胞はある日突然できるものではなく、ストレスやその他の様々な原因で時間をかけて変異していくものなんです。
異型成というのが、普通の細胞ががんに変異していく段階です。

もうね、目の前が真っ暗になりましたよ。
震える手で検査結果をカルテに貼り、医師のところへ持っていきました。

すぐにまた医師に呼ばれ、
医師 「結果はもう見たよね?」
私 「はい」
医師 「では、大学病院に紹介状書くから、あちらで組織診してもらって、それでも判定が悪かったらオペになると思う」
私 「わかりました、よろしくお願いします」

実に淡々とした会話。
何だか人事みたいでした。

で、後日大学病院で組織診(実際に病巣と思われる組織を削りとって調べる検査)をしました。
これがね、めっちゃ痛かったです。
細胞を削り取るんですからね~。
出血もかなりあります。

その検査結果は、やはり同じでした。
私の変異細胞は子宮の頚部(入り口)に2箇所できていました。
医師 「やっぱりね、結果良くなかったんだよね」と言いながら結果を見せてくれた。
私 「そうですか」
医師 「オペ、いつがいい?」
私 「なるべく早いほうがいいです」
医師 「そう、じゃベッドが空き次第すぐ予約入れとくから」
私 「お願いします」

その後、手術方法などを詳しく説明してもらい、病院を出ました。

そのとき、外で見た景色を未だに忘れることができません。

なんだか、いつもよりすごく明るく見えるんです。
すべてが輝いて見える。生きてる感じに見えました。
何もかもが美しく、私だけが一人取り残されているように思いました。

それからすぐに入院、私の正式病名は「子宮頚部高度異型成」です。
子宮の入り口だったおかげで、開腹せずに、円錐切除術という、下からの手術ですみ、入院期間も1週間という短期間でした。

病巣だけを切り取っているので、子宮本体も残っていますし、妊娠することも可能です。

この段階で発見できなかったら、今頃は子宮全摘出していたでしょうね。
もしかしたら手遅れだったかもしれません。

なので、あの時はとてもショックだったけど、結果的にはとてもラッキーだったんです。

術後、5年間は再発を防ぐために検査に通わなければなりませんが、今のところ大丈夫です。

私が今日、このお話をしたのは、皆さんにもぜひ気をつけていただきたいから。

最初は自覚症状なんて全然ありません。

でも、この病気は自覚症状が出る、ということはかなり進んだ状態になっているということで、その先、大変な治療を余儀なくされます。

もし、検査で早期に発見できたら、私のように全く何もなかったように元に戻ることができます。

だから、皆さん(特に30代後半以降の方)、お気をつけください。

病魔は知らない間に迫ってくるものです。

◆◇今日のおまけ◇◆
散歩帰りに玄関の前で待たされてるマロン
 Dscf5030s

※明日の予告※
マロンはどんどんいい子になっているもうひとつの秘訣をお教えします(*^_^*)
楽しみにしててね♪

Banner_04_1 ← いつも応援ありがとう! 今日も1クリックお願いします!!!

« 2’nd Birthday | トップページ | いい子になった理由 »

コメント

早期発見がいかに大切か・・・という事ですよね。
2月に消化器系の検査はして婦人科も行かなきゃと思いつつ忘れてた!!
今ヒート中なので(爆)終わったら検診に行く事を誓います!
せっかくマロンママが警告してくれたんだもんね。
パパとの結婚がなかったら検査する事もなかったんだよね?ということはパパは命の恩人だ♪

でも・・・私とマロンママって2つしか違わないのに(私もカミングアウト)マロンママ若くてかわい~~い!!

うんうん、私も今回の胃カメラで色々かんがえちゃったよ~
マジ怖くなって涙出ちゃったし。
可愛い子供達置いて行けないもんね(ノ_・、)グスン
マロンママも早期発見出来たのって運だよね。 ついてる人は何処までも付いてるからきっと大丈夫だよ!
私も来年はドックやるつもりなんだ。長生きしたいもんね。

そうか~、マロン君の病気発見もママさんの前向きな姿勢もこんな伏線があったのね。 納得です!
ガンが見つかったショックって想像できませんが、それを乗り越えてきたからこそこれだけ強いママさんなんだね。
マロン君&パパさんのためにも健康に注意してね!
私の姪は26才で乳がんになり乳房全摘、妹も乳がんで片方取ってます。人一倍気をつけなくっちゃ・・・。
年齢カミングアウト!!ププッ。
うちのパパさんが「32才くらいだな」って言ったけど、ホントその年齢に見えちゃうよ(^^♪♪

マロンママさん大変な経験をされていたんですね。
去年、うちの主人も早期発見で病気が見つかり、定期的な検診に通っています。やっぱり早期発見って重要ですよね。

それにしてもマロンママさん…。カミングアウトは事実ですか??この前お会いした時てっきり年下の方だと思ったんですよぉ。いやいやお若いですぅ。

マロンママさん、大変だったんですね。
私も10年前に父を肺がんで亡くし病院の先生から告知された時家に着くまでの1時間泣きながら車を運転して来た事を思い出しました。

今は早期発見すれば大丈夫になったけどまだまだ癌と聞くと怖い病気ってイメージが有りますね。
くれぐれもお体大事にしてくださいね(*^_^*)

マロンママさんこんにちは。
このまま再発なくよい経過であるようお祈りします。
私も2年前から人間ドッグも実施しております。
早いかな?と思ったんですが。。。安心のために。。。
マロンママさんの年齢を聞いてビックリです。
私よりちょっと年上なのかな~と思っていましたから。
マロンママさんキュート過ぎです(羨)
秘訣はなんですか(笑)

マロンママさん
健康診断って大切ですね。
会社に勤めている時は1年に1回必ず検診があったけど専業主婦になった今自分が気をつけないと早期発見できないんだって思いました。
私も検診へ行こうと思います。
貴重なお話聞けて良かったです。
ありがとうございましたm(._.)m

・・・ちょっと驚いてしまいました。
実は私、3年程前にその病気経験者なのです。
私はもう自覚症状が出てから病院へ行きました。
結果、ステージⅡbつ・5年生存率60数パーセント・・・。
即刻入院でしたが手術はせず抗癌剤と放射線治療を選択し、経過は良好。
現在の経過観察期に至ります。
けれど治療の辛さもさる事ながら、心の痛みはきっと生きてる限り忘れる事は無いと思います。
今こうして健康な方と何ら変わりない生活を送りながら、生きているという事だけにでも幸せを感じられる毎日の中、
不意に不安な気持ちになるのを拭う事ができない瞬間があります。
幸せを感じれば、感じる程に・・・。

本当に早期発見する事はとても大切な事だと、その為の検診は定期的にするべきだと、私も皆さんに伝えたいです。

と、ちょっと重たいコメントになってしまってスミマセン^_^;
まぁ、全然元気なんで普段は病気の事忘れてるんですけどね。
我が子達を残して逝けないしっ(^_-)-☆

◆YUKOさん
そうよ~、私だって青天の霹靂だったんだからー!
まさか、って目を疑ったわよ(笑)
今だから笑って言えるんだけどね、そのときはもう結婚もダメだな、って思って真っ暗だったよ。
パパが恩人なんだよね、ホントに。
結婚が決まってなかったら検査してなかったと思うし。
せっかく拾った命なんだから、大切にしたいと思います。
検査、行ってねー!安心料と思って。
うぷぷ、どさくさに紛れて歳をカミングアウトしちゃった(爆)

◆ハーディーママさん
胃カメラ、お疲れ様~。
でもさ、やると安心するよね。
はっきりとわからないでモヤモヤしてるほうが体に悪い気がするよ。
そうよね~、私って運がいいんだよね♪そう思う(*^_^*)
人間ドッグ、やったほうがいいよ~。
定期健診は絶対必要だよね(^_-)-☆

◆クッキーママさん
そうなんですよー、こういうことがあったんです。
まさか自分が、って思いましたよ~。
私の母も、おばあちゃんも同じ病気やってるんです(2人共進んでいたので全摘出)
だから、そういう家系なんですよね。
とにかく、定期的に検査することが一番ですよね。
乳がんも最近多いから心配ですよね。
時々マンモグラフィしたほうがいいですよ、ママさん!
お互い、気をつけましょう。

◆りんさん
りんさんのご主人、病気早期発見できてよかったですね!
でもそれでも大変でしょう。
私はあの時、いろいろ考えました。
もしかしたら親より先に逝くのかなぁ、とかいろいろ。
なんかね、周りすべてがまぶしいくらいに輝いて見えて、自分はそれを遠くからポツンと見ているようなそんな気持ちになりました。
でも、大丈夫です~♪
今ではいい経験させてもらったと思っています(*^_^*)
歳、そんなに若く見えました?
あはは、嬉しい~~~(≧∇≦)

◆マリさん
マリさんのお父様も。。。
そうですか、それは大変でしたね。
私の母も私と同じ病気で手術したんですが、母が病気になったと聞いたときより、自分が病気になった時のほうが気持ちは楽だった気がします。
家族の場合は、代わってあげることもできないし、かえって腹が立ちますよね。何でうちの家族が?って。
早期発見だと比較的治る病気ですが、やっぱり怖いです。
なので、検診はとても大切ですよ。

◆デュンママさん
人間ドッグやってますか?
うんうん、早いとかないですよ。
安心しますよね、検査すると。
デュンママさんもいろいろ大変でしょうけど、頑張ってね♪

あははは、そんなに若く見ていただいて、とても光栄です(^_-)-☆
実際はとてもおばちゃんなのでした(笑)

◆ももママさん
そうですよね、仕事をやっているときは職場で健診があったりしますが、主婦はそれがないので、気をつけないといけませんよね。
検査、ぜひ行ってください。
何もなくて当たり前ですが、すごく安心します。
私みたいな思いをする方が一人でも少なくなれば、と思って、今日の日記に書きました。

◆りかこさん
え?本当ですか?
それは大変でしたね。。。
私は、上の方法で手術した部分をもう一度検査して、それがⅠ期-aまでなら大丈夫、Ⅰ期-b以上ならもう一度入院して全摘出、と言われました。
幸い、Ⅰ期ーaだったんです。
なので、一応それで治療は終了し、経過観察ということになりました。
こういう時期に発見できるのは稀らしいです。
やっぱりおかしいと思っても、なかなか婦人科って行きたいところではないので、イヤですよね。
りかこさん、落ち着いているようで何よりです。
こういう病気を経験して、確かに大変で辛いけど、勉強になったこともいっぱいあります。
今日を大切に生きるようになったことが一番大きいかなぁ。

お互い、のんびりといきましょう(*^_^*)

とても大変な体験されていたんですね・・
でも早期発見で本当によかった。そうでなかったら今の生活だって普通に過ごすこともできなかったのかもしれないもの。
私も定期検査は受けることにしています、といっても会社でやっていたことですが、今年は歳もいいのでしっかり婦人科の検査をして頂きました、でも結果は・・・今後様子をみる必要がある。悪性、良性か分からないけど腫瘍ができる胞があるという診断でした。
私ももう気が狂うかと、周りが見えなくなるってこういうことかって思いました。
今後は時期を見て診察に行くつもりです。
健康って本当に大切ですね・・・

先日、市から検診のお知らせが来ました(それは大腸ガンとかでしたが)
夕方、ちょーど新聞で乳ガンの記事を読んだところでした。
根拠はないのですが、最近ずっと婦人科検診に一度行っておきたいって気持ちがあったんです。
なんだかなつの手術の時と同じ気がしました。
マロンママさんに最後の一押しをしてもらってる気がしました。
近いうちに検診行こうと思います。
ありがとうございます。

動物愛護ボランティアに関連して、明日(20日)からNHKでドラマが放送されます。
詳しくは、私の次の記事でアップしたので見てください。
(詳細へのリンクもあります)
ただドラマは活動そのものよりも、人と犬との絆がテーマっぽいです。

私のしりあいのかたでも。子宮頚がんの方が結構おられます。
妊娠を契機にわかったり、みなさん早期で発見されて元気にされてますが、やっぱり検診の度に(*^o^*)ドキドキ(*゜O゜*)バクバクだそうです。
かく言うココアママも筋腫もちで、毎月生理痛に悩まされていますが・・・

マロンママ、私と同じくらいのお年だったのね~もっとお若い方かと思っていました。
パパさんとお年離れてるのね~なんて!笑

やっぱり自分の体は自分でしか守ることができないのだから、検診いかなくっちゃね~

夏休みにはいくぞ~~~~!

遅くなりましたが、マロンちゃんお誕生日おめでとう~
暖かいお誕生会でよかったね!マロン君!

マロンママ、苦労してたんですね。。。。
でも、早期発見でまさに不幸中の幸い。
本当に検診は行かなくちゃですよね。

私も毎年やってますよ。ガン系統なんで。。。

それより、カミングアウトしちゃいましたか!!
マロンママ、もっともっと若くて
20代とかかと思ってましたよ~(笑)

それじゃぁ、UFOの曲が流れると、両手あげて
踊り始めちゃう人ってことかな?!
うふふ、私も踊れちゃうんですよ。

先程、拝見させていただいて驚きました。
実は私も三年前、マロンママさんと全く同じ病気(判定 Ⅳ)で円錐切除し、幸い(Ⅰ期ーa)で今では半年に一度の検診を受けて、何事もなかったように元気にくらしています。
病気が発覚したあの頃は、こんな小さな子供達を残して・・なんて落ち込みましたが(^^;)

私も皆さんに年に一度は検診されることをお勧めしたいです!ほんと最初のうちは症状がないですから・・
と、私もカミングアウトしてしまいましたが(^^;
一日一日をステキに楽しく過ごせたらな~って思ってます(*^^*)
マロンママさん、頑張りましょうね~☆

うぅ、今回の内容、ショッキング過ぎです(>__<)
って思ってなかなか行けないままです。
驚異の偏食家の私だから、きっとどこか悪いはず。
勇気出して行ってみます。

マロンママの年齢カミングアウトにびっくり!!
意外と年離れてたのね。
目は隠している写真でも、ピチピチ(死語)オーラが出てますよ(≧∇≦v)

再度失礼しますm(__)m

そうですね。
本当に病気を経験して勉強になった事、たくさんありますね。
マロンママさんの言われるように今日をとても大切にするようになった事、生きているという当たり前の事に感謝できるようになった事、些細な事がとても幸せに感じられる事、心配して下さった周りの人々に感謝する気持ち、・・・数え上げたらきりが無い位(^^)
そして、大切な者達がよりいっそう愛しくもなりました。
この病気に負けない為の一番の方法は笑う事。
彼等は、あの通り日々とても貢献してくれています(笑

本当にお互いのんびりゆったり、のほほ~んといきましょう♪
何か久々に病気の事に触れて、またあらためて今の幸せ実感してます。
この期を与えて下さってありがとうございました(*^_^*)

早期発見ってホント大切ですよね♪
そして再発がなくて一安心ですね(´▽`) ホッ
パパとマロン君の愛のパワーですねv(*'-^*)-☆ ok!!
私も何度か婦人科検診を受けましたがやはり毎年となると気が重く・・・ついつい行きそびれてしまってます(>_<)
病気の事を告白するのってとても勇気がいる事と思います。
私もそろそろ重い腰を上げ検診に行ってきます♪
マロンママありがとう(*´∇`*)

そして遅くなりましたがマロン君2歳のお誕生日
(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!

大変な経験をされていたのですね。
術後5年を過ぎれば再発の可能性はないのですかね?

病気に関しての知識が普通の人よりあった分、余計に怖い思いをされてしまったのでは…。
でもこういった経緯があったからこそ病気の怖さ、早期発見の大切さを知ることが出来て、マロンkunの心臓のことにも早く気付けたのですよね。
可愛いわがコの事を考えても、体調を崩しただけで申し訳なく思っちゃうのに、重病になんてなってしまったら大変!!
まずは人間ドッグに行ってみようかな~。

カミングアウト、驚かされましたよ!!
思わずパパに報告しちゃったσ(^^; パパも\(◎o◎)/!

マロンママさん記事を拝見して驚きました。
早期発見で良かったですね。
とにかく再発されませんようにお祈り致します。
このようなことを書かれる事とても勇気が入る事だと思います。
皆さんの為を思われて打ち明けて下さったマロンママさん、本当にどうもありがとうございます。
私は仕事をしていた頃は1年に一度は健康診断にイヤイヤながらも行っていましたが、辞めたとたんに何も無くなってしまい
自分で行動を起こさないと今の自分の体の健康状態が全く分からなくなってしまい怖ささえ覚えました。(不安症なもので・・・)そして去年やっと健康診断に行って来ました。
婦人科検診も大切ですね。これからも健康診断いやいやではなく通いたいと思います。
それにしても御歳を聞いてびっくり!!先日お会いした時ほんとにお若くてチャーミングでしたから(^^)

早期発見って大切なんですよね。
実は私の母も同じような病気を検診でみつけ手術しました。
退院まで随分時間がかかってしまったのですが
今はすっかり元気で毎日遊びまくってます(汗)
母にいつも婦人科検診をすすめられるですが
私は大丈夫みたいなところがあって一度も受けた事がありませんでした。
マロンママさんのお話しを読んで背中を押されたような気持ちです。
私も近いうちに検診受けようと心に決めました!
術後の経過がいいようなので何よりです。
安心しました。
何といっても健康が1番!ですね。

予告のいい子の秘訣がとっても楽しみです(‐^▽^‐)

マロンママさん大変でしたね。
私も、毎年婦人検診はするようにとは思っていますが、
婦人科って本当に、気持ち的には行きたくないですよね。
自分は元気だから大丈夫!とか思いがち。
それでも、重い腰をあげて毎年行くようにしています。

し・か・し、マロンママさん若い。
私も殆ど一緒です!(自分もカミングアウト。へへ)
結婚の時期も同じような感じでなんか親近感♪
パパとのなれそめも実は気になっています(笑)

そうだったんですか、大変なことがあったんですね。。。
再発しないことを祈っています。
私は2年に一度くらい検診を受けています。
筋腫持ちで今のところは問題はありませんが、検診はちゃんと受けた方が良いと言われました。
母が全摘出の手術を受けたので、私にも可能性があるんですよね。
マロンママさん、私より年上だったんですね。びっくりです。
年下なんじゃないかと思っていました。だってお写真が・・!
私の年齢は・・・またお会いした時にでも!ははは

マロンママさん、とても辛かったね。
そしてよく頑張りました。偉い偉い!
健康である事のありがたさって健康な時は
気がつかないものなんですよね。
若い時って、むちゃしてもなんとかなってたし、
病気なんて遠い世界の話ってかんじだったけど、
わたしも30代後半になり、さすがに体力的にも、
精神的にも辛くなって不安になったりする事が
多くなり、健康の事を考え、職場の健康診断の
時に、乳ガン検診を追加したり、よく膀胱炎に
なって婦人科にいくので、ついでに子宮ガン検診を
してもらっています。
青森では40才からは乳ガン検診(マンモグラフィーだっけ?)が
安く受けられるそうなので、みんなこぞって受けましょうね。
 今回改めて健康の事を考えるきっかけを下さったマロンママさんに感謝します。
 それにしてもそんなに若く見えるらしいマロンママさん。
秘訣は何ですか?「若さ」は女性の永遠のテーマだもんね!

  

◆Terraママさん
健診はとっても大切ですね~。
Terraママさん、驚いたし、ショックだったでしょう。
きちんと診察して、治療することをお勧めします。
状態によっては、経過観察っていうことで、無理をしないように心がけると元に戻れることもありますので、あまり悲観的にならず、先生のおっしゃることをよく聞いてくださいね(*^_^*)
私だってすっかり元気になったんですから、大丈夫ですよ~♪

◆ミントさん
あれー、そうですか、それはいいタイミングで私がネタにしたということですね、よかった(*^_^*)
健診ってね、やっぱり定期的に行ったほうがいいです。
ちょっとの変化って自分では全くわからないですもん。
おかしいな、と思う頃にはもうかなり症状が進んでます(何の病気でも)
なので、検査で自分の体を知る、ということはとても大切なことですね。
物でも何でも、しばらくたてばどこかにガタがきますよね、人間もそれと同じで、いつまでも本当に健康体だなんて、滅多にあることじゃないです(笑)それがもし、命にかかわるようなことだったら、早く知って治療すれば元に戻れますから~。
婦人科も市の補助で安く検診できる期間があると思うんですよー。

ドラマのお知らせ、ありがとうございます!
すっごく見たいです(*^_^*)今日の日記でも紹介したいと思います♪

◆ココアママさん
ですよね、結構多かったりするんですよね、この病気。
私が入院したときも沢山の方がいらっしゃいましたよ~。
とても若い方とかもいて、お気の毒だなぁ、と思っていました。
たとえ年齢がいっていても、こういう手術をすることは女性としての機能を奪われることなので、すごくショックですよね。
だから早期発見が一番です。
早ければ、どうにか最悪の状態を防ぐことができますから。
筋腫私もあります~。
それもいつもの検診のときにエコーで見てもらってますが、今のところ大きさは変わってないそうです。
イヤですよねぇ・・・
あはは、歳は結構いってるんですよー。
ちなみに、パパは私よりひとつ下です(笑)

マロンにお誕生日のお祝い、ありがとうございます(*^_^*)
ココアちゃんみたいないい子目指して特訓中です!(^_-)-☆

◆ガウママさん
今はもう笑って話せるようになりましたが、あの時はショックでした~。
でも、そう思えるのも早期発見だったから。
検診は大切ですね!

私?歳ですよー、もうおばちゃんです(笑)
UFOですか、ストライクど真ん中ですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
もちろん、全部踊れます(私はミーちゃん役でした、笑)

◆ぷぅママさん
え?マジですか?
私もびっくり!です。
ぷぅママさん、私よりずっと大変だったんじゃないですか~!
あの時はショックでしたよね(笑)
人生観変わりました、私。
親からは泣いて怒られ(私は不思議と泣きませんでしたが)、どうにもならないもどかしさでおかしくなっちゃいそうでした。
本当に悲しいときは涙とか出ないんだなーって思いましたよ。

でも今はああいう体験をさせてもらったこと、けっして嬉しいとは言えないけど、貴重だったと思っています。
「普通」っていうことがどんなに幸せかって初めて身に染みてわかりました。
自分に降りかかるどんなことにもそれぞれに意味があるんだと思えるようになりました。

お互い、のーーんびり暮らしましょう(*^_^*)

◆はねさん
そーだよね、ちょっとショックだよね、こういう内容。
でもね、意外と身近にそういう人が沢山いるっていうことを知って欲しかったの。
だから、みんなにも気をつけてほしい。
ちょっとしたことで運命って大きく違ってくるもんなのよ。
私だってあのとき検診してなかったら、今こんなのんきに暮らしてはいなかったでしょう、きっと。
本当にパパが命の恩人なんだよね(^_-)-☆

はねさん、健診行ってねー。
レントゲン撮って、内臓が全部お菓子のパッケージになってたらどうする?(爆)
先生もびっくりよー、きっと!
学会で発表決まりだね(笑)

まー、私をそんなに若く見てくれてた?
何もでらんよ~( ̄ー ̄)ニヤリ
うちの家族ね、実家の母も姉も私もみんな実年齢より10歳くらい若く見られるんだよ、周りからは「バケモノ」呼ばわりされてます。
で、父だけは年齢相応だから、昔、父・母・私の3人で食事に行ったとき、会計の人から「親子さんですか?いいですね~仲良くて、親子3代」って言われたことある(*≧m≦*)ププッ 

◆りかこさん
うんうん、そうですね。
私、それまで全然花とかに興味なかったんですけど、妙にきれいに見えるようになったり、季節ごとに咲く花を愛おしいと思うようになったり、普段の景色が全然違って見えるようになりました。
「今日も何もなかった」ことが昔はすごくつまんないことだったんですけど、それが今は幸せですね。
人間っていつの間にかいろんなことに慣れすぎて、普通のことがどんなに幸せなのかってわからなくなっちゃってるんでしょうね、きっと。
昔はすーーぐ腹が立ったこととかでも、今は「ふーーん」くらいに思えて許せたりもするし、こういうことを経験して、マイナスばっかりじゃないです。
私にはそういう気持ちが足りなかったから、こんな病気になることでそれに気付かせてくれたのかな、なんて思ったりもします。
上手く言えないんですけど、今はとても幸せです♪
これがずっと続くといいですよね、お互い(*^_^*)

◆akiさん
びっくりしちゃいました?
こういう経験をさせてもらっちゃったんです(笑)
一応経過観察期間は5年で、その後は自発的に年に1度くらい検査って感じになりますかね~。

確かに、医療関係のことがちょっとわかる分だけ、いいこともありますが、怖いときもあります。
術後、抗生剤の点滴をするんですが、なんかその本数が多かったので、看護士さんに「抗生剤、多いですね~」と言ったら、「先生からのサービスですよ、早く治るように」と言われました(笑)サービスって。。。結局私が支払うんじゃないかよーと思いましたけど(爆)

akiさんも健診、行ってくださいね♪
うふふ、歳、そんなに驚きましたか?
しっかりおばちゃんだったんですよー(笑)

◆マオさん
もうだいぶ前の話になりましたが、こういうことがありました。
歳を重ねるうちに、みなさんいずれは何らかの病気になることが多いとは思うんですが、早く気付くことができれば、結果もかなり違ってきますよね。
マオさん、ちゃんと健診行かれてるんですね~。
私なんて、こういうことがなかったら今でもきっと行ってないと思います。

歳?うふふ~、結構いってるでしょ(^_-)-☆
おばちゃんなんですけど、自覚がないんです、私(笑)

◆りりさん
そうですか、お母様も。
多いですね、この病気になる方。
私の母も同じ病気になっていたのですが、まさか自分も、とは思ってませんでしたし、なるとしてももっと後だと思ってました。
だから、検診で見つかったことはとてもラッキーでした。
りりさんにもぜひお勧めします。
何もないとは思いますが、気をつけるに越したことはないですよね♪

秘訣ですねー、きっとりりさんはもうやってると思うんですが、私は今更気付いたことだったんです。
どうぞお楽しみに(^_-)-☆

◆まーれさん
毎年健診してらっしゃるんですねー。
それが大切ですよね、本当に。
婦人科って特にイヤですね。
何のトラブルもないのに、わざわざ。。。と思っちゃいますけど、それでもやっておくと安心です。

まーれさん、同じくらいですか??
うふふ~、嬉しいです♪
結婚したのもお互い遅かったんですね(^_-)-☆
私は一生ひとりかな~なんて思ってたので、自分が結婚したことに驚いてます(笑)

◆junkoさん
ちゃんと健診いってらっしゃるんですね(*^_^*)
こればっかりは自分が気をつけないと、どうしようもないことですもんね~。
何の自覚症状もないのに、病気だと言われたらかなりショックです。
でも今はとてもラッキーだったとわかります。
あは~、結構私おばちゃんですよー。
でも、自覚が足りないらしいです(笑)
以前の職場では、周りはみんなひと回り以上下でしたが、その子達から「小人ちゃん」(背が低いんです)と言われてました(汗)

◆ゆうとママさん
健診なさってるんですね。
大切なことだけど、ついつい怠りがちですもんね、ゆうとママさん偉いです(*^_^*)
病気ってね、ある日突然やってくるものですよ(笑)
まさか自分が、って思いました、私。
健康には自信があったんです、それまで。
そういう人こそ危ないみたいですね~。
若く見える、というか、元々童顔な上に背が低いので、若く見られますね、昔から。
ちなみに、高校正のとき、バスで大人料金払ったら運転手さんから変な目で見られたりしました。小学生以下に見えたってこと?(笑)

◆ジュンママさん
そうなんです、早期発見、本当に大切です。
ジュンママさんも何回も行かれてるんですね。
何度いってもいいものじゃないですよね、特に婦人科。
でも、やっぱり大切ですもんね。

マロンに誕生日のお祝い、ありがとうございます(*^_^*)
2歳になったので、少しお利口さんになってもらおうと思っています(*^_^*)

昨日、全然PCやらなかったので、コメント遅くなりました。
びっくりしました。
早期発見でオペできて、本当によかったですね。
実は、私も検診でひっかかりました。
クラスⅢーaでした。
なので、組織診やりました・・・ものすごく痛かったです。
幸い結果はよかったのですが、一度クラスⅢがでると、3ヶ月ごとに検査するように言われて、今も受診してます。
おかげさまで、その後はクラスⅡです。
3ヶ月ごとに「フー!」とため息つきながらの受診です。
今度は6ヶ月後でいいですよと言ってくれないかななんて、期待してます。
マロンママ+10才の私は更年期真っ只中です。
閉経前の女性の身体は、微妙です。
私って、子宮筋腫ももってるんですが経過観察中です。
2番目の子供を妊娠した時、卵巣膿腫が見つかって、なんと妊娠中に卵巣一個摘出しました。
その時は、お腹の赤ちゃんが大丈夫か心配で心配で・・・超難産でしたが、無事に産まれてくれました。
だいたい検査って、面倒くさくていやですよね、特に婦人科は余計にきがすすみません。
でも、やはり半年か1年に一度は受診すべきです!
結果がよければ、大好物でも食べてほっとして、なにか見つかったら、さっさと治療して元気に暮らせるしね。
とか何とか言って、私もこんどは、マンモグラフイー検査やってみます。
マロンママ、勇気ある告白記事すごいです。
若いのに立派です。
人生いろいろ、めげずに前向きにがんばりましょう・・・かわいいワンがいるんだものね!
そうそう、近いうちに娘(マキピカ)とマウリが寄生します。
きっとエルフは大喜びでジャンプしまくりでしょう。

マロンママさん、大病された経験がおありだったのですね。
いつも前向きでハツラツとされてるので、想像もつきませんでした。
でも、早期発見されて本当に良かったですね。
5年・・・早くクリア出来れば良いですね。

私は去年、婦人科のMRI検査をしたんです。

◆エルママさん
まぁ、エルママさんも!
組織診、痛かったでしょう(≧_≦)
でも手術を回避できてよかったですね。
私は手術になりましたが、今は全然大丈夫です(*^_^*)
最近、この病気どんどん増えているみたいで、沢山の方が病院に通われてますよね。
検査は何度やってもイヤなものですが、それでなんともなくて安心だったら、我慢もできます(笑)
卵巣嚢腫もよく聞きますね。
あれも大変だったでしょう。
いずれにしても婦人科系の病気、女性にとって大変なことなので、一人でもこういう思いをする方が少なくなればいいなぁと思います。
マキピカさんのブログでエルママさんのお宅に帰省するお話、伺いました。
楽しみですね(^_-)-☆

◆とまろんさん
大病、、、なのですが、痛みもなく、自覚症状もなく、手術も簡単に済んだので、本人はあまりそういう自覚がないです(汗)
もちろん、ショックはかなり受けましたが・・・
がん、と聞いただけでどうしても「死」というものを考えてしまうので、辛かったですね~。
もちろん、私はまだそんな段階でなかったので、大丈夫だったんですが。
とまろんさん、婦人科でMRIですか。
それも大変でしたね。
お互い、気をつけましょう。

初めまして、マロンママさん
柊さんのところでよくお名前は拝見していました。
実は、私にも似たような経験があります。
もう10年前になります。
あのときから、人生観が変わったと思う。
これから、時々寄せてくださいね。
リンクさせてもらって良いですか?

◆はなみずきさん
はじめまして!
遊びにいらしていただいて、ありがとうございます(*^_^*)

はなみずきさんも。。。
多いんですよね、意外とこの病気になる方。
体、というよりも気持ちの部分でのショックが大きかったです、私は。
もう今は、笑って話せますけどね。
人生観、変わりますね。
いろんなことを考えさせられたし、普通に生きることがいかに幸せかを思い知らされました。
親からは、「親より先に死ぬのは最大の親不幸」と言われて何故か泣きながら怒られました(笑)

こちらこそ、よろしくお願いします(*^_^*)
リンク、とても嬉しいです、ありがとうございます!

この記事へのコメントは終了しました。

« 2’nd Birthday | トップページ | いい子になった理由 »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ