« 「おでき」が・・・(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||) | トップページ | 応援、ありがとうございます! »

病気が見つかりました

久しぶりに動物病院へ行ってきました。

レントゲンを撮るためです。

マロンは1年ちょっと前に病院に行った際、レントゲンを撮り、生まれつき気管が細いと診断されました。

今はまだ病気を心配するほどではないけど、これが進み、もっと気管が細くなるようなことがあれば心臓病や呼吸困難の危険がある、とのことで、年に一度はレントゲンを撮り、経過を見るように言われたからです。

それで、気管を圧迫しないように首輪もやめてハーネスにしたり、なるべく興奮させないように気をつけて生活してきました。

前回のレントゲンから1年は過ぎていたので、そろそろ行かなければなぁ、と思いつつ、先延ばしにしてきましたが、やっと重い腰を上げて行ってきました。

病院に着いて、レントゲンの前に聴診器で心臓の音を聞いた先生が、

「気管というよりも心臓のほうが気になるね。雑音が聞こえます。」

え?マジで??

それからマロンはレントゲン室へ、私たちは(今日はパパが休みでした)待合室で待つことに。

しばらくして、診察室に呼ばれました。

なんかちょっとドキドキ。

先生「気管は去年とあまり変わりありません。それよりも、心臓に異常が見つかりました。」

私たち「え?」

(レントゲンの写真を見ながら)

先生「左心室が肥大しています。」

確かに、見た写真には左部分が肥大した心臓が写っていた。

先生「ちょっとエコー撮らせてくださいね。」

エコーは私たちの立会いの元で行われました。

診察室に機材が運び込まれ、マロンは台の上で横に寝かされ、エコー診断。

コンピューターの画面にマロンの心臓が映る。

そして、エコー後、保存した写真を見ながら先生からの説明。

先生「ここが左心室、で、ここが僧房弁と呼ばれる弁です。普通はこれが完全に開閉して心臓に血液を送り込んだり、送り出したりしています。でもマロンちゃんはこれが少し不完全ですね。なので、血液が多少逆流しています。僧房弁閉鎖不全症という病気です。今はまだ初期なので、大丈夫ですが、これが進むと肺に血液が逆流することもあります(いわゆる肺水腫)。水を飲んだり、興奮して吠えたりしたあと、よく咳をしますよね?それは初期の症状です。」

それから、私たちは気づいてなかったが(マロン以外の犬をあまり見たことがないため)、舌の色があまり良くないんだそうです。少し黒っぽいらしい。

先生「これが進むと舌の色が紫色に変色します(チアノーゼ)。そうなるとかなり進んだ状態で危険です。」

むむむ、なんかすごく心配になってきた。。。

先生「今はそんなに心配することはないですが、あまり興奮させたり、走らせすぎたりはさせないようにしてください。心臓に負担がかかりますから。それから、塩分の取りすぎも負担になりますので、味付けされた人間の食事などは絶対に与えないでください。今日は、心臓の負担を和らげるお薬を出しますので、毎日1錠のませてくださいね。」

私「先生、これは一生付き合う病気ということですね?」

先生「そうですね、でもお薬とこまめな経過観察で、進行を遅らせることはじゅうぶんできますので、そんなに心配はいりませんよ。次回、検査をしてみて、進んでいるようだったらお薬を増やしたり、低ナトリウムの療養食などでの治療もできますので。」

お薬を1ヶ月分貰い、会計を済ませ、家に帰った。

・・・・・ということでした。

これまで以上に心臓に負担をかけないように、生活に気をつけなければなりません。

これまでも体重管理、できるだけ興奮させない、あまり沢山走らせない、などの注意はしていましたが、それに加えて、塩分を取り過ぎないことも注意が必要になりました。

でも、知らないで症状が進み、気がついたときには。。。ということになると思えば、初期症状の段階でわかっていたほうが、対処の仕方もわかるし、マロンの負担も少なくて済みます。

やっぱり病院に行ってよかった、と思いました。

そして、興奮を最大限に抑えるためにしつけ教室に行く決心も固まりました。

この病気はプードル・マルチーズ・キャバリア・ポメラニアン・シーズーなどの小型犬に多いらしいです。(発症するのは5歳以上の老犬に多い)

あなたのわんちゃんは、喉に何か詰まったような咳を頻繁にしませんか?

また、安静にしているときに、急に呼吸が荒くなったりしませんか?

舌の色はきれいなピンクですか?(ピンクなら大丈夫です)

疲れやすく、運動するのをイヤがったりしませんか?

これは僧房弁閉鎖不全症の症状です。

もし、心あたりがあるなら、ぜひ一度病院で診ていただくことをお勧めします。

img_5051s

再診料    500
レントゲン  4,000 
エコー    4,000
お薬          3,920
消費税    620
----------------
合計   \13,040 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング ←順位がズルズルと降下中(≧_≦)ぜひ、応援クリックお願いします!

« 「おでき」が・・・(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||) | トップページ | 応援、ありがとうございます! »

コメント

病院行ったんだね。 意外な診断でちょっとビックリしてます。
我が家のヨーキーは発作をおこし、重い心臓病と診断されてかれこれ10年です。犬の心臓病に強い先生に「この夏は。。。」と言われてから10年生きてるんだよ!だから軽い初期なら大丈夫!気を付けて付き合って行けば大丈夫だよ。
マロン君、ママの言いつけを良く聞いていい子にするんだよ。 お薬も頑張って!

でもさ、早期発見でよかったね。病気自体は良くないかもしんないけど。上手く付き合えばいいってことがわかってよかった。
マロンくん、パパ・ママの言うことよおく聞いて頑張っておくすり飲むんだよ。

驚きました。
でも早めに分かって良かった!
私の従姉妹がかっているダックスも心臓病を持っているけど今14才。それなりの老化はあるけど元気です。
マロンママのポジティブさで上手に生活していけるはずです。
大丈夫だよ、マロンくん!!

今、思わず甲斐の口を開けて舌の色を確かめました・・・
ビックリしましたマロンくん大丈夫でしょうか?心配です。
見た目には全然元気そうなのに・・・
元気に走り回って遊びたいだろうに、可愛そうですね。
実は私も今日甲斐を獣医さんの所に連れて行きました。
あまり吐かない子が2日連続で吐いたので。結果は大丈夫だったのですが。
血液検査などしました。時にはレントゲン検査などもした方が
良さそうですね。
でも早期発見で良かった、お大事にしてくださいね!!

マロン君心配ですね。びっくりされたことでしょ~。
うちの前の子も、心臓を悪くしてたので興奮させないとか、お薬も毎日かかさず飲んでました。
でも、マロン君はまだ若いし
症状も軽そうだから大丈夫だよ!
凹まずにマロンママ元気だしてね。

マロン君もパパママの笑顔が一番好きだからね!(^_-)---☆

マロンくん心配ですねぇ~(-"-)
でもほんと早期発見出来てよかったですねぇ~的確な対処方を聞いてお薬を飲んでいれば進行が抑えられるのは心強い事ですからねっ!!ラフも病気ではないのですが去勢手術をする時心電図を撮って貰って+と-が逆だって言われました。たまにそういう子はいるらしく成長と共にも戻る場合も多いそうです(^^; コレってやはり病院で検査をしてみないと分からない事ですよねぇ~
可愛い我が子になってくれた以上元気で長生きして欲しいですものねぇ~
マロンくん!!無理をせずパパさん&ママさんの言う事を良く聞いて病気と上手くお付き合いして元気で長生きしょうねぇ~(^^♪

 

マロンママさん、たった今メールをお送りした後にこのブログをチェックして、マロン君のニュースにびっくりです(x_x;)
マロンママさんのおできに続きマロン君も...でも先生がまだ心配ない、というからには大丈夫ですよね!マロンママさんの手厚いケアがあればマロン君も元気に長生きできると信じています。
うちのルークも変な咳をよくする...ううう、心配だ。早く家に帰って舌をチェックしますです。

マロンちゃん、心臓に病気を持っていたなんてびっくりしました。マロンママさんもパパさんもさぞお心配なさったことでしょう。
でもとりあえず初期で発見できて早く対策も始められるということで、今のところは大丈夫なんですね、よかった~・・・

うちのも突然咳こんだりすることがあって心配になってきました。舌の色も他のワンちゃんを知らないからわからないわー(>_<)

◆ハーママさん
うん、そうなの~、ちょっとびっくり(笑)
ハーママんちのボーイくんも心臓病なんだね。
発作は辛かっただろうね。
うちはまだ初期だし、生活に気をつければいくらでもケアできるらしいから、あんまり心配していません。
飼い主の気持ちを敏感に犬は感じ取るからね。
これまでと変わらない生活を送っていきます(*^_^*)

◆まりんママさん
そうよ~、早期発見が何よりだよね。
手遅れになって気づいたらショックも大きいし、犬の負担も大きくてかわいそう。
お薬はごはんに混ぜるから大丈夫よ~( ̄ー ̄)ニヤリ

◆Mipoさん
そうなんです、私もびっくり!
元気だと思っていたから、驚きました~(笑)
知っていれば、いろんな予防もできるし、上手に付き合うこともできますよね(^_-)-☆
これまで通り、元気に変わらず生活します~♪

大変な一日でしたね。こんなに健康に気を使っているのに、ちょっとショックですね。
マロンママのことだから、ご存知かもしれませんが、心臓病に良いといわれるハーブを
いくつか書いておきますね。
ホーソン、イチョウ、ガーリック、カイエンヌです。特にホーソンは、安全で、効果的な心臓や、血管の天然強壮薬という事なので、一度試されてはいかがでしょうか・・・。
今話題のCOQ10も心臓にもいいそうです。
マロンちゃん、病気なんて春一番で吹き飛ばして、元気になるんだよー!!!

きっとショックだっただろうけど、気丈にブログ綴っててマロンママらしいと思いました。

マロンくんの病気は私の父と一緒。
「大丈夫、大丈夫!」の主治医の言葉を信じきって、主治医の言われるままに無理をして旅行に行ったりゴルフをしたり・・・
調子が悪くなり入院するまで私は詳しく知らなかったけど、入院後看護士さんに「お父さんの病気はヒビの入ったお茶碗と一緒。大切にすれば長く使えるけど、無理しちゃダメなの」と聞かされ、はじめて事態を飲み込めた気がしました。
それをもし父本人が倒れる前に知っていたらと、私は主治医に猛抗議しましたが・・・もう遅すぎました。
マロンくんはまだ若いし、マロンママがついてるから大丈夫。
一病息災で、無理をせず病院と上手につきあっていけば、問題なく過ごせると思うよ!!
マロンママ、気落ちせずなが~い目で見てがんばれ!!!

◆yuccaさん
びっくりしたけど、大丈夫ですよ(^_-)-☆
絶対安静などではないし、ちょっと気をつければ普段通り生活できますから。
知らないで取り返しのつかないことになると思えば、楽なもんです(笑)
プードルは気管や心臓の病気になりやすいらしいですから、時にはレントゲンも撮ったほうがいいかもしれませんね。
それでなんともなければ安心ですから(*^_^*)

◆ココアママさん
はい、びっくりしました(笑)
見た目には全然元気なので、まさか病気だなんて思ってもいませんでした。
でも本当に初期でわかってよかったと思っています。
わかっていれば、気をつけながら普通に生活もできますし、第一犬への負担が最小限ですみますよね。
これからも、普通に生活していきます(^_-)-☆

◆ラフママさん
ご心配、ありがとうございます。
初期で発見できて本当に良かったと思います。
これくらいの症状なら見過ごす獣医さんも多いと思うのですが、うちが通ってる病院は有名なところなので、ラッキーでした。
先生もそんなに過剰な心配はいらないとおっしゃっていますし、これまでと変わらぬ生活と送っていきます(*^_^*)

マロン君ご病気早期発見できて良かったですね。
お薬と経過観察で進行を遅せることができ、先生も「大丈夫」とおしゃられているので安心しました。
マロンママさ、マロン君の日常のケア大変だと思いますが頑張ってくださいね。
人間が人間ドックに行くように、ワンちゃんも病院での定期健診が必要ですね。
デュンも足のおかげで2ヶ月に一度病院に行っていますので、それが定期健診みたいになってます。

◆ルークママさん
私は大丈夫です~(笑)
マロンが苦しまなくて済むように、早く発見できてよかったと思っています。
ちょっと気をつければ普通に生活できますし、これまでと何も変わりません。
発作が起きて気づくより、ずっといいですよね♪
咳、しますか?たま~になら心配ないと思いますが、よくするなら、一度病院で診てもらったほうが安心ですね!

◆かっきーさん
ご心配、ありがとうございます。
びっくりしましたが、初期でわかってよかったです。
少し気をつければ普通に生活できますので、そんなに心配していません(笑)
舌の色の変化なんて、よっぽどじゃないとわからないですよねぇ。。。
私、先生に言われて初めて気づきました(笑)

◆アニーママさん
ちょっとびっくりしましたが、大丈夫です~(笑)
ハーブの情報、ありがとうございました。
これからも低ナトリウムに気をつけながら、手作りは続けるつもりですので、参考にさせていただきます。
今より進行しなければ何も変わらず過ごせますので、頑張ります~♪

◆YUKOさん
うふふ~、ちょっとびっくりしたけど大丈夫です(*^_^*)
もともと自分の病気とかもあまり過剰に心配するタイプではないので、知った上でちょっと気をつければ普通に生活もできますよね。
これは治癒する病気ではないので、ゆっくり付き合っていこうと思っています。

◆デュンママさん
そうなんです、早期発見でよかったです!
デュンママさんもデュンちゃんの病気と根気欲付き合ってますもんね、私ものんびりやります(笑)
ちょっと気をつければ普通に生活できるので、あまり過剰に心配しすぎるのもかえって進行させるような気がしますし。
お互い、頑張りましょうね(^_-)-☆

久しぶりに遊びによせてもらったら・・
びっくりしました。
本当に早期発見でよかったですね。
私のお友達のわんちゃんもマロン君と同じ
病名でお薬のみながらふつうの生活しながら
19歳までがんばりましたよ!
だいじょうぶ!!前向き!マロン一家なら♥

すいません、驚きのあまり、なんとお声をかけていいものか・・・
気丈にブログのUPして見える、マロンママさんを尊敬します
私だったら、ただオロオロするばかりだと思うので・・

とにかく、早期発見でなによりでした
「大丈夫」というお医者様の言葉を信じて、乗り切ってくださいね
「気長に病気とつき合っていこう」という前向きな姿勢のマロンママ&パパさんならきっと大丈夫
マロンくんガンバレ!

マロンちゃん、病気の初期段階で発見してもらえて良かったね。
マロンママもパパも心配で仕方ないでしょうが、マロンママが前向きなので、きっと大丈夫!!
マロンちゃん、マロンママとパパと一緒に頑張ろうね☆

ビックリしました。。。
でもでも早期発見!上手に病気と付き合ってとっても長生きしてる子も沢山いますよね。
そしてマロンママ&パパさんが付いてるからマロンくん勇気100倍!!!

早期発見で本当によかったです。
実は同じワイヤーちゃんで、若年性白内障と診断され、その上先天性のドライアイのため手術も不可能とのことで、飼い主さんの心の痛みを思うと、ほんとにつらいです。
「みなさんも検診をしてあげてください」のメッセージどおり、なつも診断を・・・と先日まで思っていたのですが、ほんとに健康そのものにみえるので、まだ若いし、も少し年をとってから・・・なんて思い始めていたことろなんです。
反省です。
マロンママさんにはいつも助けられてます。
なつもちゃんと検査に行ってこようと思います。

マロンママさん、冷静に対応なさってて本当にスゴイというか、感動さえ覚えます。
しかも、みなさんに対して「検査して」と配慮まで・・・(泣)。
マロンママさんと一緒ならマロン君安心ですね!
マロン君の心臓に負担を掛けない、静かで楽しい生活が目に浮かびます。
マロンママさんの愛情が一番の薬ですね!

実はロメオも極度の興奮状態の後、変な咳をするんです(泣)。
舌の色は見たところ大丈夫のような気が・・・。
でも私も他のワンちゃんの舌の色が分からないのでなんとも・・・。
とにかく、近いうちにロメオも検査してもらおうと思っています。
教えてくださってありがとうございました☆

そしてマロン君、元気に頑張ってね~☆

マロンママさん、こんにちは
9月の広島オフでノーティーとご一緒させていただいたyorikoです。
うちのシーズーのラッキーもマロンくんと同じ病気です。保護犬なので正確な年齢は分からないのですが7歳~9歳くらいだと思います。病気が見つかったのは昨年の夏なんですがまだ薬を飲むほどではありません。獣医さんには悪くなることはあっても良くなることはないと言われたのですが、その後の診察では心雑音が小さくなっています。獣医さんも不思議がられていますが病院でもらっているCOQ10のサプリメントが効いているのかもしれません。病気が見つかったときはショックでしたが知らずに進行して手遅れになる犬が多いらしいので早期発見できて良かったと思っています。ラッキーは心臓だけでなく結石とアレルギーもあるのですがどれも完治はないのであまり落ち込まず気長につきあっていこうと思っています。シーズーは元々走ったりするのは好きではないようですが、活発なトイプーに走らないようにというのは大変ですね。病気が分かってから過保護になってしまって太らせてしまったので今ダイエット中です。心臓には太り過ぎも悪いのでマロン君もお気をつけくださいね。でもマロン君は愛情たっぷりの手作りご飯だから大丈夫ですよね。初カキコで長々とごめんなさい。

びっくりしました。
初期症状の段階で わかったのですから大丈夫ですよ。
マロンママさんのスマイリーな顔を見ると マロン君も良くなります。
これから大変だと思いますが がんばってください。マロン君もだよ!

ブログリストの更新情報に表示されたタイトルを見て、びっくりしました。
病気が突然見つかったりすると、慌てちゃって、やっぱり悲観的になっちゃうと思うんです。
実際、私もアレルギー検査の結果を聞かされた時そうでしたから…。
でも、それじゃいけないんですよね!
ワンコは不思議なくらいに飼い主の気持ちを察知するし…。余計な負担をかけちゃうだけで、いいことなし!
最善の対策を考えて色々調べて、実践して…。してあげられる事は沢山あるんですよね。
マロンママさんはすぐにそういう事を考えられて凄いです。
頼れるパパとママが傍にいて、マロンくんも100人力ですね。
何かおかしいと思ったら、すぐに病院!これって凄く大切なことですよね!!

◆チャチャままさん
私もびっくり!でした(笑)
でも、早期発見で本当によかったと思っています(*^_^*)
お薬飲みながら19歳まで!!!
マロンもそんな風になれるかな~?頑張ってもらいます(^_-)-☆

◆蘭ままさん
励ましの言葉、ありがとうございます(*^_^*)
私、結構おろたえないというか、冷静かもしれません。
自分も過去に大病を患ったことがありますが、そのときも「なるようになる」と思っていました(笑)
犬は自分が病気であるという自覚を持てないと聞きます。痛い、とか苦しい、とかの感覚はあっても、「病気」ということは理解できないんだそうです。
なので、飼い主が心配そうにしてたり、辛そうにしていると犬はそれを見て心配になると思います。
だから、しっかりしないといけないんですよ♪

◆ぱむさん
ぱむさんもフランちゃんのことで大変な思いを沢山されていますよね。
でも、ぱむさんのブログはそういう悲壮感が全くなくて、フランちゃんへの愛情がいっぱいで、とても癒されます。
私もそんな風になりたいと思っています(*^_^*)
病気になってしまったものはしかたないですよね。
これからのことを考えてがんばります~(^_-)-☆

◆akkoさん
私もびっくりです(笑)
そうそう、上手に病気と付き合うことって大事ですよね~。
決して無理をしないで、自然体でこれからものんびりやっていこうと思っています。
幸い、初期ですし、マロンもそんなに辛そうではないので、いくらでも処置の施しようはあります。
長生きしてもらいますよ~(笑)

◆ミントさん
私もたまたま去年獣医さんに言われたので病院に行きましたが、それがなかったらまだ気付かずにいたと思います。
でもそれでどんどん進行して発作でも起きてたら。。。と思うと、とてもラッキーだったんですよ♪
病気にならないことが一番ですが、もしなってしまったら上手に付き合っていくことを考えるほうがいいですよね☆
健康診断、定期的に行くことをお勧めします、犬も、人間も!

◆ROPICOさん
ありがとうございます♪
なんか褒めてもらって照れるな(笑)
私、割とうろたえない性格です。
病気になった事実は変えられませんから、これからのことを考えるほうがいいですよね♪
ちょっと気をつければ普通に生活できますし、まだ初期ですから、そんなに心配もいらないみたいです(*^_^*)
ロメオちゃん、咳が出ますか?
それは一度ぜひ病院でみてもらってください。
何もなければ安心ですよ♪

◆yorikoさん
こんばんは!
遊びにいらしていただいて、ありがとうございます(*^_^*)
そして、ラッキーちゃんのお話、とても参考になります。いろんな病気を持ってるんですね、ラッキーちゃん。大変でしょうけど、頑張ってらっしゃるんですね、すごいですyorikoさん!
COQ10いいんですね。他のお友達からも聞いたところなんです。さっそく試してみようと思います。
この病気は上手く付き合っていくしかないみたいなので、いろいろ教えてくださいね。
よろしくお願いします!

◆リリーパパさん
ありがとうございます!
本当に初期で発見できてラッキーでした。
気付かなかったら発作を起こしかねない危険な病気なので、この時期にわかってよかったと思っています。
あまり深刻にならず、のんびりやっていきたいと思います。

◆akiさん
akiさんもモコちゃんのことで大変ですよね。
ショックを受ける気持ち、わかります。
私だって最初に聞いたときはちょっと目の前が暗くなりました(笑)
でもね、犬は病気だっていうことがわからないらしいです。
痛いとか苦しいとかの感覚はあっても、自分が病気だという自覚は持てないものなんですって。
だから飼い主が暗い顔をしていたら、病気の犬に心配をかけてしまうので、それだけは避けたいのです。
それに、今すぐ死んでしまうわけでもないので、上手に気長に付き合っていこうと思っています。
そういう考えのほうが病気も退散するんじゃないかな?
お互い、のんびりいきましょうね(*^_^*)

遅ればせながら・・・早期発見でよかったですね!早期発見ってとても大切なことみたいですね。人間にも。
やっぱり少しでもおかしいな?と思ったら、すぐ病院へ連れて行くことが重要ですね。すごく実感しました。
マロンくんなら大丈夫ですね。マロンパパママが楽しく病気と付き合っていかせてくれると思います。陰ながら応援していますU^ェ^U ワン!

・・・・淡々とつづられているブログになんだか分からない気持ちがこみ上げてきました。とても心配です。
うちの子も変な咳を最近するようになり、喘息持ちの私が経験したことのあるような発作症状に似てて・・・その気になっていたことが表に出て、一緒に話を聞いているそんな感じがしました。
マロンママの行ったお医者さんはとても丁寧で説明が上手だと思いました、私が行く病院でここまで診察し、説明までしてくれるのか?と・・・そう思うとマロンママの行ってる病院でマロン君も安心です。
注意することが分かればそれをしなきゃいいんだって思うの、なんだか分からず全てに気を使っていたら、折角のワンライフが楽しくなくなっちゃうもんね。
又楽しく行きましょうねー!

びっくりしました。早期発見でよかった...。
実家の犬が心臓肥大と診断され、お薬や処方食の時期があったんです。わかった時は本当に心配しました。どうしたら長生きさせられるだろうかと。
(1年半後、別の病院で誤診と判明しましたが、今まで飲んでいたお薬を急に止めることもできず、徐々に減らす方法をとっていました。)
信頼できるお医者さんの指示に従って、生活面できちんとケアすれば大丈夫なんですよね?
マロンママさんがポジティブに取り組もうとされているので、安心しました。
マロン君も頑張ってね!

マロン君、マロンママさん&パパさん
病気が見つかったのはショックかも知れませんが早期発見出来て良かったですね。
何も分からず手遅れになる事を思ば・・・。
うちもBINGOは膝蓋骨が外れやすいって診断されてから太らないように(5キロまでOK)フローリングにはカーペット敷くように&気休めかもしれないけどサプリメントを飲ませてみたらと先生から言われました。
当時膝蓋骨が悪いので悪化すれば手術も・・と言われてショックだったけど考えようによってはグレードの一番低い物だったので早めに見つかって良かったって今では思います。
どんな病気でも上手く付き合えば大丈夫ですよ(*^_^*)頑張ってください(*^_^*)

マロンママさん、お早うございます。

ブログを読んでびっくりしました。
パパさんも一緒で心強かったでしょう。
ママさんはマロン君の健康管理ををきちんと
されていて、早期発見でよかったです。
病気を知っているのと知らないとでは
日々の生活の過ごし方も変わります。
ソフィも持病があるので、病気が分かってからは、よーくソフィの状態を観察するように
なりました。
マロンママさんは、冷静でとっても前向きで
頼れるママさんだから、マロン君も安心して傍にいられますね。
どうぞお大事になさって下さい。

マロンママ、久しぶりに来て見たらビックリです!
マロン君、とても元気そうで言うことないと思ってました。
ガウディも去年の春突然咳き込むことがあって、診察してもらいましたから
あの時の心配な気持ちが蘇えってきました。
とても心配だと思いますが、早期発見ということで現状維持、頑張ってください。
今、寝ているガウディの口を無理やり開いて、舌の色を確認してしまいました!
あの健康チェック、参考になりますね。

◆ぷぅたんママさん
そうなんです、早期発見、これに尽きますね!
早く気付いてあげられればいくらでも対応できるので、よかったと思っています。
人間だって犬だっていつかは何かの病気になるものですよね。
マロンはちょっと早かったですが(笑)、ゆっくりとマイペースで生活しようと思います(*^_^*)

◆Terraママさん
ご心配、ありがとうございます。
こんなことになってるなんて全然気付いてなかったのですが、病院に行ってよかったです。
気付かずに苦しい思いをさせることを考えれば、はやくわかって苦痛を和らげてあげられるほうがずっといいですよね~。
Terraちゃんも咳を?それは一度診てもらったほうがいいですね。それでなんともなければ安心ですから。

◆ruipoさん
私もびっくりです(笑)でも本当に早期発見でよかった!
ご実家のわんちゃん、誤診だったんですか?
それも怖いですよね。飲む必要のないお薬をずっと飲まされるなんて。。。かわいそうに。
だけど、元気にされているようでよかったです(*^_^*)
マロンにも長生きしてもらいたいので、のんびりとやっていきます♪

◆マリさん
BINGOちゃん、パテラの疑いありなんですね。この病気もプーに多いですよね、本当によく聞きます。
病気にならないことが一番ですが、なってしまったら上手に付き合うのがいいですよね。
悪い方向に考えたら、その通りになっちゃいそうなので、私は結構楽観視しています。
もちろん、注意する点はして、後は普通の生活でのんびりやっていきますよ~(*^_^*)

◆ソフィままさん
ご心配ありがとうございます(*^_^*)
ソフィちゃんも病気をもっているのですね。
病気になるのは嬉しいことではないけど、病院にこまめに行くことで他の病気の予防になったり、いいことも沢山ありますよね♪
私は元々あまり深刻に考えるタイプでないので、これからも変わらずのんびり暮らしていこうと思っています(*^_^*)

◆ガウママさん
ご心配ありがとうございます(*^_^*)
この病気は小型犬で年をとるとかなりの確立で発症する病気らしいです。
といってもマロンはまだ2歳にもなっていないので、ちょっとかわいそうなんですけどね(笑)
でも、何点かを注意すれば普通に生活できるので、早期発見で本当によかったです♪

こんにちは。びっくりしました。でも良い獣医さんがついてらしてよかったですね。実は少し前ロビンも調子が悪くて咳や呼吸の発作などで通院していました。もうとても心配でした。この子は気管が狭いようです。今はすっかり元気に以前のように走りまわっていますがこれからはまめに健診をうけるつもりです。マロン君もお大事にしてくださいね。

びっくりしました。読んでいくうちに胸が痛くなりました。
マロンママさんだからこんなに早く見つけてあげれたのでしょうね・・うちじゃくっき~が水飲んで毎回咳してるの笑ってみてました。反省
ワンコが元気に走り回れないなんて・・・ちょっと考え込んじゃいます。
マロンちゃんはお薬飲むの平気ですか?
ペット保険とか入ってるんっですか?

マロンちゃん、ママの言うこと聞いておりこうさんにしてね。

本当に早く見つけられてよかったね。マロンママのようにきちんと愛犬の様子を観察して的確に対処するのって本当に大事だと改めて思いました。
私も見習って普段から気をつけます!大事な家族だもんね^^

こんにちは~~
マロン君・・2才なのにねぇ~~
でも・・きちんと管理すれば長生きできますよ~~
うちの先代のプードルは8歳で・狭心症がみつかりました・・で。。降圧剤・・当時はエナカルドというお薬を毎日かかさず・・生涯飲んで(今はもっといいお薬があるのかしら??)・・18歳まで生きました・・
亡くなった時は心臓は強かったですよ~~
尿毒症で・・心臓が年齢の割りに強くて・・逆に苦しみました!!お薬で安楽死を選んだくらいです・・
ただ・・ヒトツ気になることがあります・・
それは手作り食の材料についてです・・
前の子の時・・療養食が美味しくなくて・・中々食べてくれないので・・
トッピングについて先生に聞いたのですが・・
鰹節や昆布ワカメ・・煮干等は・・どんなに塩抜きしても・・含有塩分がどうしても残るのでNGと言われました・・人間なら体重があるので・・もともとの含有塩分まで気にする必要はないのですが・・何せ小型犬ですから・・体重分のイクツ・・と考えると・・
いろいろ規制が出ていました!!
マロンママさんは手作り食を続けておられるので・・食事については先生に相談されましたか??
うちの前の子は・・8歳から・・生涯療養食でした・・トッピングは主にゆでキャベツ・・
ゆでると・・キャベツにも含まれるナトリウムが薄まるそうです・・
ちなみに・・療養食は・・
素材の含有塩分を分離処理??して・・塩分を物凄くおさえてあるので・・とっても美味しくない食事・・ということになります・・

お節介ですが・・そのことがチョット心配です!!

私の経験上・・心臓疾患にもレベルがあって・・
初期のレベルで・・お薬を飲むことと・・
食事管理が長生きの秘訣だと・・今でも思っています・・

こんなことを書き込みしてしまいましたが・・気を落とさないでくださいね!!
マロン君はまだまだ・・若いですから・・
ママさんが・・・熱心な方だし・・大丈夫ですよ!!

応援してますからねぇ~~

◆ロビハハさん
ロビンちゃんも気管が狭かったんですね。
プードルには多いと聞きます。
最近特に、繁殖の段階で増えてきたとも聞いています。
マロンも気をつけながら生活していきたいと思います(*^_^*)

◆くっき~ママさん
ご心配、ありがとうございます(*^_^*)
あんまり過剰に接するのもどうかと思うので、生活は普段のまま変わらず続けていくつもりです。
ただ、注意は必要ですけどね(^_-)-☆
くっき~ちゃんももし頻繁に咳が出るようなら一度診てもらってください。
何もなければそれで安心ですから。

◆tareちゃん
本当に早期でよかった~。
咳は以前からすごくしてたけど、それは気管の問題だと思っていました。
ただ、最近はあまりしてなかったから良くなったのかな~なんて思ってたんだよね~。
健康第一だから、こぐまちゃんも定期健診してあげてね(*^_^*)

◆マミーさん
早期発見でよかったです♪
食事については、全部調べました。
低ナトリウムになる食事に変えたいと思っています。
ただ、以前フードオンリーで食べさせいたときよりも、手作りを併用するようになって確実に咳が減ったのも事実です。
ということは、以前のフードがかなり塩分含有量が高かったのでは、と思います。
手作りはこれからも続けます。
うちの先生はフードに関してはドッグフード派ですが、病院においてあるフードがあまり納得いきませんので、それに関しては相談していません。多分、そのフードを勧められると思うので。
まったく塩分をとらないということも出来ませんし、それは体にもかえってよくないでしょう。
障らない程度の塩分で食事をできればと思っています。

こんばんは~。マロン君心配ですね、でも冷静なマロンママさんのもとで安心です。
心配してくださった皆さんに丁寧なお返事も頭が下がります。ママさんのお人柄ですね。
うちの父も心臓の薬とは一生付き合わないといけないんですが、「病気を不幸と思わずに、仲良く付き合うことだ」とポジティブに考えてます。
マロン君、気長~に元気になりましょう! マロンママさん、お返事いらないですよ、マロン君と仲良くね♪

◆クッキーママさん
ご心配、ありがとうございます。
心臓は一生付き合わなければいけない病気ですよね。
幸い初期ということなので、ゆっくりのんびりとやっていこうと思います。
症状が悪化しないことを祈りつつ、頑張ります(*^_^*)

この記事へのコメントは終了しました。

« 「おでき」が・・・(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||) | トップページ | 応援、ありがとうございます! »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ