« 抱っこひも | トップページ | 今日も雨 »

アニマルコミュニケーター

昨日の「天才!!志村どうぶつ園」見ました?

その中に時々「アニマルコミュニケーター」っていう外人の女性が出るコーナーがあるんです。

その人は犬と会話ができる人らしく、今まで何回かゲストの芸能人の愛犬と会話して、その犬が本当に思っていることを飼い主に伝えたりしてたのね。

でも、なんか「ヤラセ」っぽくてあんまり信じてなかったんです。。。

ところが、昨日は初めて芸能人じゃなくて、一般視聴者からの依頼でそのお宅に伺って犬と話をしたんだけど・・・詳しくはこちらを見てね!

簡単にお話すると、その家のわんちゃん(はなちゃん)は今1歳半で可愛い盛りなんだけど、ある日突然骨肉腫という病気にかかってしまい、余命3ヶ月と診断されたんだそうです。左前脚は何倍にも腫瘍で腫れ上がってしまい、それは痛々しい姿。

はなちゃん自身もとっても痛むらしく、夜も眠れない日々が続いていました。

そこに、コミュニケーターさんが尋ねていき、やさしく語りかけたとたん、はなちゃんはすやすやと寝始めるんです・・・

家族は「こんな安らかな寝顔を久しぶりに見た」と涙を流し、感動。

眠った状態でも会話ができるコミュニケーターさんは、はなちゃんの気持ちを家族に語り始める。

最近、お友達のダックスに会えなくてとても寂しいこと、家族が毎日暗い顔をしているのでとても辛いこと(犬は自分が病気だということを自覚できないそうです)。

それから家族が一番聞きたかった、はなちゃんが今家族にして欲しいこと・・・

それは、「とにかくこの痛みをとって欲しい」っていうことでした。

痛みをなくすために、左前脚を切断手術することも選択できるらしいのですが、それで病気が治る確証もなく、家族はそれはかわいそうだから、と今までためらっていたらしい。

それを聞いた家族は痛みをとってあげるためにはなちゃんの脚の切断手術をする決意をしました。

・・・・・・それから1ヵ月後

家族といっしょに公園で楽しそうに走るはなちゃんの姿がありました。

3本の脚でしっかり立ち、走ったりもできます。

その顔はとても楽しそうで、以前の苦しみなど微塵も感じないほど幸せそう。

この先何年生きられるかはわからないのですが、家族は「1日1日を大切にはなちゃんと過ごし、楽しい思い出をいっぱい作りたい」と語っていました。



とまぁ、こういう話だったんです。

これを見て私は、このアニマルコミュニケーターさんはヤラセじゃないな、本物だ!と思いました。

そして、見ている間ずっと涙が止まりませんでした。

1歳半といえば、マロンとちょうど同じくらいです。 やっとしつけも一段落し、一番楽しく過ごせる頃ですよね。 そんな時に病気になってしまうなんて。。。

今、マロンがこんな病気になってしまったら私はどうなるんだろう? などといろんな考えが頭の中を駆け巡り、とても人事に思えなかったんです。

飼い主が思っていることと、犬が望んでいることが必ずしも一致するわけではないのだな、ということも勉強になりました。

そして、改めて 毎日を大切に後悔のないように生きよう、と思いました。

この番組を見て本当によかったと思います!



私が、これを見ながら泣いている間、マロンはずっと私の横にきて心配そうに顔を覗き込みながら流れる涙をペロペロなめてなぐさめてくれました。

そんなマロンが愛しくて、思わずギューーーッと抱きしめてしまいました。

すると、びっくりした様子(笑)

その後・・・・・

     dscf0166s

あっ!ゴメン!!! 忘れてた( ̄m ̄〃)

どうしてもカッコよくは終われない(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング ←ママの涙をペロペロしてなぐさめてくれた優しいマロンにポチッとクリックの応援よろしくね(^_-)-☆

« 抱っこひも | トップページ | 今日も雨 »

コメント

見たよ~~私も本当だ!!って思ったよ。
先代のプーも腫瘍が足に出来て悪性だったら断脚を。。って言われて泣きはらした事があるんだ(T△T)思い出して泣けちゃったよ。
うちの子は良性だったけどね~
あの飼い主さんの決断は正解だったね。

見なかったです~
でも今マロンママさんのブログ読んで感動しました(TTT^TTT)
動物とお話できる能力をもった人もいるんですね。
レニィはなんて言ってるのかな?って時々気になるんですよね。
マロン君、ママのこと心配したんだ~!
本当にマロン君はお利口ですね(*´∇`*)
それに比べてうちのレニィは……(ーー;)
今日もやらかしてくれてもう言葉がありませんわん…

ウチは、娘ふたりと3人で見てました。
私と、おねえちゃんは涙ウルウル。2才のゆーちゃんまで心配そうにTVのはなちゃんをみてました。
蘭のやんちゃにあれこれ悩んだり、怒ったり出来るのも、健康で元気だからだな~と思いました。
飼い主の思ってることとワンコの望むことが必ずしも一致しないってことはホント勉強になりました。

ママをなぐさめにきたマロン君、ほんとやさしくていい子ですね~
ハラ減ったのオチには笑っちゃいましたけど・・

>飼い主が思っていることと、犬が望んでいることが必ずしも一致するわけではないのだな、ということも勉強になりました。

これこれ、うちの永遠の課題です…
うちにいたほうがいいのか、実家に戻すか…
あたしも聞いてみたいよぉ~
服を着せたりしてかわいい!って飼い主が満足気に思うのも、このたぐいだよなーって思う。
これってわんこと気持ちは通じても、直接言葉でのやり取りができない「現実の壁」なのかもねぇ。

私も見た見た。泣いた泣いた。
子供と三人で号泣でした。まりんに聞いたら・・・。留守番は嫌だよぉって言われるんだろうなぁ。
はなちゃん。少しでも長生きして欲しいね。

う~む。。。感動しました~!
この番組はよく見ますけど、昨日に限り見ていませんでした。
見たかったなぁ。。。
それにしても、犬と意志の疎通ができるあの女性、すごいですよね♪

見ましたよー!!すごい感動でしたよね!
動物と会話ができるって、どんなだう・・・?
はなちゃんの思いが通じて、ほんとに良かったですよね。私も涙しながら見入ってました。
けど、うちのマルは涙をなめるどころか・・・隣で爆睡していましたよ~!!

私は卒研で遅くまで大学にいたので観れなかったんですが、
うちの母が観ていたらしく、翌朝父と私に熱っぽく語っていました!笑
さっき(昨日)の夕飯では、今度は他の動物番組での話を。
その話は、お父さんが脳梗塞で倒れてから死んでしまって、
お父さんが可愛がっていたわんちゃんがそれを何となく察して、
そのうち黒かった身体の毛が真っ白になってしまう、
という実話でした。

両方とも観れなかったのが残念です。
あぁでも犬ってミラクルですね。。

私は見て無かったけど、同じ立場だったら、どうするかな?痛みを取って欲しいのは誰でも同じだけど、コミュニケーターさんに選ばれ無かったら、はなちゃんの家族は・・・?と!選ばれない家族の殆どは、やはり手術しないかも。。。もちろん費用、気持ち、安らかさ、沢山のことが飼い主の負担になります。色んな意見があると思いますが、どうするにしても、毅然としてしてワンに不安を与えないのが一番だと思います^0^と!言う私もワンの虚勢で悩んでいるので、考えと行動が一致してませんけど・・・>~<エヘ!ワンが口言えないので、話せたら良いな~でも夢で話してた?気がする・・・^~^

そうなんだ・・
先週は見たけど、見逃しちゃった・・
先週は「ふーん」って感じだったけど・・
ご家族にはつらい決断だったかもしれないけど、はなちゃんがお外で歩けるようになってよかった。
これで完全に治ったわけではないかもしれないけれど、でも、この一日一日を大事にしないといけないですね・・。
はなちゃんがこのまま天命をまっとうできることをお祈りします。
そして、私たち自身も精一杯生きなきゃね!

ワタシも少しだけ見たよん。
もちろん感動したんだけど、ちょっと複雑にも・・・・・。
『紐をつけて歩く事』も『去勢する事』も『ドックフード』も
きっと嫌なんだろうな~なんてね(>_<)
どうしても人間の生活に合わせてもらわないと
一緒には生活出来ないから仕方ない!!
だからコパンの声が聞こえたら・・・怖いデス(T_T)

あのワンちゃんは、彼女と話をして手術を乗り越え今幸せに過ごしているけど
そうじゃなくても、家族に愛されて十分幸せだったんだと思います(^^)
そう思いたいなぁ~。

◆ハーディーママさん
ハーママも見たのね!
そうなんだ、ハーママ、そんな経験があるなら尚更泣けるよね・・・
はなちゃん、とりあえず、笑顔が戻ってよかったよね、一日でも長く生きて欲しいな。

◆れにままさん
私の日記でも少しは内容が伝わりましたか?
とっても感動的だったんですよ~。
マロンは、場の空気を読むっていうか、例えば私が真剣な顔をして仕事をしてたりすると、おとなしくしてたりするんです。
具合が悪いときも、いたずらせずに横でじっと寝てたりとか・・・
昨日もそんな感じで心配したんでしょうね。

◆蘭ままさん
やっぱり!泣きましたか。
そうそう、こういう番組を見ると、しつけの面で悩んでたりするのがすごく小さいことに思えますよね。
もっと大変な悩みを抱えている人がいるんだ、と思って。
やっぱり健康が一番ですね!
私がこういう選択を迫られたら、ちゃんと判断できるか、不安になりました。。。

マロンはそういうとこがあるんですよ。
いつもはいたずらしたりするけど、こういうときは違います(笑)
でもお腹空いてたから涙をなめてただけだったりして・・・(汗)

◆kumaちゃん
うんうん、ホントだね。
飼い主がいいと思うことって必ずしもわんこが望むとは限らないんだよね。
勉強になったわぁ・・・
くまちゃんはまた特別、悩ましいことを抱えてるからそう思うよねぇ。
でもだいぶよくなったんじゃないの?
この人に一回聞いてもらいたいよね、マジで。

◆まりんママさん
見た~~~??
泣いたよねぇぇぇ!
お留守番は仕方ないよ。
やっぱり人間社会で生きてるんだからさ。
でもこんな風に病気とかで選択を迫られたときって、どうなんだろね。
私、すごく不安になったよ。
わんこにとって最善のことをしてあげられるんだろうか?って。。。

◆kurumiさん
すごく感動的だったんですよ!
久しぶりに号泣しました。
ホントにあの人はすごいですよね~。
ワンコを見るときの優しい目は本物でした。
なんでそこまで通じるんだろう?

◆マルママさん
感動しましたよね!
あの人、すごいですよね~。
動物とあそこまで通じ合えるって、すごい!
はなちゃんがまた走れるようになってよかった(*^_^*)
このまま長生きして欲しいですよね。

◆さやぽんさん
見なかったですか~?!
すごく感動的でした。
はなちゃんにとって、すごくいい決断だったと思います。
毛が真っ白になっちゃったワンコの話しもすごいですよね。
犬って本当に素晴らしい生き物なんだなぁ・・・

◆おはぎさん
そうですね。あの人に会ってなかったらはなちゃんは3ヶ月で亡くなっていたかもしれませんね。
生き物を飼うって、その子が死ぬまで責任を持つということだから、病気になって治療費がかかるから・・・っていうのはちょっと言い訳のような気がします。
飼うときにそういうことも含めて、面倒を見るって思わないと、飼えませんよね。
何の病気もせずに死んでいく子は少ないでしょうから、大体のわんちゃんがいつかは病気になりますもんね。
去勢は悩むかもしれません・・・
でも発情期のときにかわいそうな思いをさせることを考えれば、手術するのはいいことだと思います。いろんな病気も防げるみたいですし。
でも、最終的には飼い主さんの判断ですよね。

◆poomamaさん
うんうん、今番組、いつもなんとなく見てたんだけど、一昨日は違ったのよ~。
すごく内容が濃かったよ。
はなちゃん、すごく幸せそうな顔してたんだ~!
このまま一日でも長く元気でいて欲しいね(^_-)-☆

◆コパンママさん
そうね~、そりゃ犬は自由がいいかもしれんね・・・
でも人間と一緒に暮らすっていうことは多少の不自由は仕方ないと思うんだ~。
リードつけて歩くのだって、事故にあわないように、とか他人を傷つけないように、とかいう配慮だしね。
ただ、病気になったときはやっぱり望むことをしてあげたいよ~。
でも、これを見て犬が望むことを必ずしもしてあげられるとは限らないんだな、ということがすごく勉強になりました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 抱っこひも | トップページ | 今日も雨 »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ