« 散歩地獄 | トップページ | リーダー失格 »

真のリーダー

犬のしつけに関する本などを、皆さんはどれくらい読みましたか?

私は犬を飼うのは今回が初めてなので、マロンがきたばかりの頃はいろんなしつけ本を買って読みまくった。
でも、何冊読んでも結局書いてあることはたいして変わらない。
それでも最初の頃、犬をどうして扱ったらいいかわからなかった私は、しつけ本にかなり助けられた。
最近はマロンもかなり落ち着いてきたし、自分もあまり戸惑わなくなったので、全く読んでなかった。

先日、何気なく本のネットショッピングをしていたら、久々に犬に関する本で面白そうなものを見つけたので買ってみた。
56963579
「犬の頭がグングンよくなる育て方」
三浦 健太 著(PHP研究所)

この本は、いわゆる「しつけ本」ではなくて、犬をもっと深く理解し、人間が真のリーダーになることによって自然に犬から認められ、問題行動がなくなる という本。
ただコマンドとしてのしつけではなくて、犬のほうが飼い主に常に注目し「従いたい」と思えば厳しいしつけはいらない という考え方らしい。

中でも面白かったのが、「犬がどうやって自分のリーダーを決めるか」というくだり。
ちょっと文章を引用させて頂くと、、、

『犬はリーダーとしてふさわしい人かどうかを子犬のときからいろいろな角度で判定しています。お散歩に行って、急に立ち止まって動こうとしなかったり、逆に飼い主さんの行く方向と逆方向に引っ張ってみたりします。飼い主さんが子犬の可愛らしさに負けてうっかり同調し、止まったまま動こうとしなかったり、逆方向についていったりすれば、子犬は「この人は自分についてきた。きっと自分より下の順位なんだ」と理解します。
 また、ちょっと体の敏感な部分を触られたときに、軽く唸ったり、歯を当ててみたりします。飼い主さんが「あっ、ごめんごめん、嫌だったのね」とか「うぉっ、危ない」などと手を引いたりすれば、犬は「なーんだ、すぐにやめてくれるんだ」とか「咬んでもいないのに臆病なんだなぁ」と理解し、やはり自分の頼るべきリーダーではないと判定してしまいます。
 生後4ヶ月から7ヶ月くらいのときには、普段食べている常食を体調も悪くないのに突然食べようとしなくなるときがあります。これも子犬のときからインプットされているリーダー選びの手法のひとつなのです。心配した飼い主さんが、「これ、飽きたの?」とか「まずいものがわかるんだぁ」などと勘違いし、冷蔵庫からチーズやハムなどをあげてしまえば、犬は「なーんだ、駄々をこねればなんでも出てくるんだ」と解釈し、やはりこの人はリーダーではないと思ってしまいます。
 これらの数多くの判断動作の繰り返しにより、犬は飼い主さんが自分のリーダーにふさわしいかどうかを決めていくのです。
 そして家庭内にリーダーとして認めるに値する人が見つからなければ、自分自身がその家庭のリーダーにならざるを得なくなっていきます。
 もう誰も頼れず、自分自身だけでなく、家族全員を守らなければなりませんから、そのストレスは相当なもので、外から来る郵便屋さんや来客、近づいてくる通行人、他の犬全てを威嚇し、近づけないように吠えまくらなければなりません。この犬からしてみれば、自分の群れに自分を守ってくれる人は一人もいないのですから当然です。』

これを読んで 「はっ」 とした。
私はこの中に自分に思い当たるところがいくつもあったから。

そしてこの著者は、犬にリーダーと認められるのは何もただ厳しいしつけをするとかごはんをくれるとか、そういうものではなく、普段の生活でその人がどう暮らしているか、ということだ と書いている。

よく、お母さんがごはんをあげたり散歩させたり一日中面倒をみているのに全然言うことをきかず、朝出かけて夜遅く帰ってくるお父さんにだけ従う犬の話を聞くが、それは犬は人間同士がどのように生活しているのかをよく見ているからだそうだ。だから、家でいちばんえらいお父さんに自分も従うらしい。

この本に書いていることがすべて正しいとは思わないけれど、犬とのより良い関係を築くのにはとても参考になると思う。

そして、この著者は次のようにも書いている。
「飼い主が本気で、この犬はいつか必ずよい犬になる と思って愛情を持って育てれば、犬は必ずその気持にこたえるもの。 それを諦めたとき、その犬の不幸ははじまる。」

肝に銘じようと思った。

« 散歩地獄 | トップページ | リーダー失格 »

コメント

読んでいてまずいなぁ~と心底思いました(・_・、)特に食べ物のくだりはグサッときました。でも成長過程の犬があまりにも食べないとそれはそれで問題だと思うし・・・。難しいですね。でも愛情だけは持っているのでこれからも頑張ってしつけていきたいと思います。お互い頑張りましょう!

うぅ。胸が痛い・・・。出来てないことだらけだよ。
あんまり難しく考えずに・・・って思ってるんだけど、まりんにとってちゃんとリーダーが決まってないっていいうのは不幸なことなんだろうね。
私的にはリーダーでいるつもりなんだけどさ。

う!!!うちも手を噛むあたりでグサ!!
前足を触るとカプっと噛んで嫌がるんですよねー。でも「嫌だね~ごめんね~」と言いながらふいたり、ブラッシングしたり、、。結構遠慮してたかも!!これからはおおいにやろう!!(笑)
そうよね~私も昔は「うちの子を世界で一番おりこうな犬にしよう」と息巻いていた。けど、だんだん自分がしんどくなったんだよねー。ゆるゆるしつけになってるわ~(^^ゞ

私思うんだけど、見ためにわかるほど、ものすご~く犬をかわいがってる(溺愛)飼い主さんのわんこって、
「ワガママ」で、よく吠える!(笑)って思うんだけど、気のせいかなぁ?
過剰に大事にされすぎて、「女王様」「王子様」扱いされてると、
やっぱり人と同じで「調子にのっちゃう」もんなんだろうね~

ハイドは溺愛したら、たぶんとんでもない犬になるタイプ。
すごーくプライドの高い性格だからね。子供にはこびないし、「上」とか「下」とか決めるの大好きな子だからさ~
うちは、子供たちもハイドを持ち上げない性格(みんなして自我が強い、爆)だから
ハイドにとってはそれが良かったと思う。
かわいがってるのとオモチャ扱いするのとは違うからねー。
(子供はどーしても犬をオモチャ扱いしやすいからね)

犬の頭が「グングンよくなる」のか~
グングンって言葉に引かれるなぁ・・・欲しくなってしまった。
私も、完全にリーダーではないなぁ。コマンドも一回で聞かない時もあるし、ブラッシングの時は噛んでくるし・・・
しつけ教室の先生の犬達を見ると、リーダーがいることですごく安心しているのがすごくよくわかるんです。
人間本意かもしれないけれど、やっぱり主従関係をしっかりつけたいです。
このブログであらためて考えさせられました。マロンママさんありがとう!!

うちのも同じ本あります。
でも本のとおりにいかない(っていうか出来ない)のがうちの現実なのよね~
食べ物もちょっと前までは下痢するからとフード以外あげなかったのに最近ちょっとお腹が丈夫になってきたからパンだけはあげたりしてるし・・・でももう一度読み直してがんばるわ!!

♪みきさん♪
これが完璧にできる人なんて、あまりいないと思います。でも、たまにこういう本を読むと、自分を見つめられるし、いいことですよね。私もできてないことばっかり、でもあせらず、頑張りましょう!!


♪まりんママ♪
そうだよね、私だってできてないことだらけ(*´д`*) でも、最終的にいい関係になれたらそれでいいと思うんだ。わんこってとっても頭がいいから、人間の気持を読み取ってくれると思う。頑張ろうね、お互い(*^^)v


♪poomama♪
poomamaだけじゃないよ、できてる人のほうが少ないと思う。犬ってリーダーに従うことがすごく安心感につながるらしいから、私もまた一から頑張るよ(*^_^*) 育ててるようで、育てられてるんだよね、人間のほうが。


♪ハイドまま♪
そうそう、その通りだと思う。「甘やかす」のと「愛情をそそぐ」のは違うんだよね。人間の子供だって、甘やかされすぎるとろくな子にならないし、同じだよね!
ママんちはわんの扱いがよくわかってるんだよなーーー!すごいよね、家族みんなが同じスタンスで育てるってなかなかできないと思うもの。うらやましい~~~! でも!私も頑張るよ(´∀`)


♪saekoさん♪
そうそう、犬ってリーダーに従うことで、安定するらしいです。だからそのほうが幸せなんだとか。遠慮しないで、どんどんやりましょう!!責任を持つのは飼い主なんだしね☆


♪ぶんぶん丸さん♪
持ってましたか、これ!この通りにはいかないとは思うんですが、たまにこういう本を読むと、いい刺激になりますよね。100点満点なんて気持悪いと思うんすよ、だからその家庭で暮らしやすいように育てればいいと思います。最終的に心からわかりあえる存在になれたら幸せですよね♪ 

この記事へのコメントは終了しました。

« 散歩地獄 | トップページ | リーダー失格 »

フォト

マロンとミントは何歳?



コンテンツ

  • HOME

  • 画像掲示板

  • マロンが使っているグッズをご紹介します

メール

  • ↓メールはこちらから

最近のコメント

たか丸くん

お世話になっています

  • わんわんチャネリング

お買いもの




  • *お・か・い・も・の*
    私のお買いものブログです

アクセスカウンター


  • 合計ホスティング・レンタルサーバー
    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

動物愛護

  • 犬や猫を飼おうと思っている方へ。ペットショップやブリーダーに行く前にぜひご覧ください
  • 家族に捨てられた動物はどこへ行くのでしょうか?
  • ぜひご覧ください
  • 青森県動物愛護センター

参加サイト



ブログランキング


無料ブログはココログ